SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選  
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   歌仙投句掲示板
     第42巻「白シャツの巻」コメントつき・選
Register To Post

スレッド表示 | 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
mura
Posted on: 2017/7/24 12:31
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3089
第42巻「白シャツの巻」コメントつき・選



夏  白シャツが通り過ぎたる夏の朝    鳶子

   夏 三夏 朝の景。





mura
Posted on: 2017/10/4 8:17
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3089
Re: 第42巻「白シャツの巻」コメントつき・選


夏  白シャツが通り過ぎたる夏の朝    鳶子

   夏 三夏 朝の景。

夏   暑き夜さへも清(すが)しき想ひ    無良

   暑き夜 三夏 暑さを忘れさす清々しい想い。

雑  目標へ正々堂々取り組みて       何木偶

   新しい決意。

雑   芯尖らせて並ぶ鉛筆          鳶子

   気持ち良く並ぶ。

秋月 満月に喜々と七福そろふ船        無良

   満月 仲秋 満月に福も勢揃い。

秋   新酒注ぎ合ひ乾杯重ね          鈍八

   新酒 三秋 美味い。



秋  村芝居一本多い馬の脚           鳶子

   村芝居 晩秋 それもご愛敬で。

雑   老いも若きもひとつになって       幸屋

   一緒に楽しむ。

雑  往来は雑多喧噪木もそっぽ         無良

   他人に無関心な街の人波に木はあきれ顔。

雑   百面相も万華鏡にも            無良

   雑多見える相もよく観ると。

雑  物まねも名人芸に近くなり         無良

   好きこそものの上手は本当か。

雑   レシピ無視する親父の料理         裕紗

   自己流。

冬  凍てつく身煮炊き術なししゃれこうべ     無良

   凍てつく 三冬。お手上げ。

冬月  冬将軍に月の輝き             何木偶

   冬将軍 三冬 際立つ。

雑  広場には栄光失せた像ぽつり         無良

   将軍も過去の人。

雑   エスプレッソで足を休める          幸屋

   観光。

春花 香り立つ桜求めて地図広げ          八重

   桜 晩春 花見旅。

春   いかに春知る地底住む人          無良

   春 三春 地底人の暮らしはいかに。




春  鶯や地の果てまでも梅届け          無良

   鶯 三春 梅 初春 梅と鶯。

雑   今日も行く行く隅々飛脚          八路

   安心。

雑  真夜中に買い物するは要らぬ物       八路

   判断力鈍る。

夏恋  出してはしまふ夜店の指輪         鳶子

   三夏 夜店 捨てられない。

夏恋 満席も見つめて食す冷奴           無良

   冷奴 三夏 回りの声も耳に入らない。

雑恋  妙薬なしと筋トレブーム           鳶子

   マッチョ。

雑  旅先で記録更新万歩計             八路

   楽しく疲れ知らず。

雑   九秒台に初名乗り上げ            八重

   男子100m日本人初。

雑  食ひ縛り苦に苦を重ね悔い払ひ         無良

   完全燃焼。

秋   秋の味覚に舌鼓うつ              無良

   秋 三秋 何があっても食欲の秋。

秋月 作物へ月の恵みが降り注ぐ            鈍八

   月 三秋 益々美味しくなる。

秋   朱色に染まる富士の初雪             八重

   富士の初雪 仲秋 移り行く季節。  



秋  練習後火恋し急ぐ帰り道              何木偶

   火恋し 晩秋 寒くなってきた。

雑   くしゃみ気まずい静かな夜道            八路

   思ってたより響く。

雑  世は流れ騒音流れただ坐り              無良

   只管打座。

春   西を見上げる春の夕暮れ              無良

   春 三春 極楽は西にある。西方浄土。

春花 見渡せば永久にとどまる散らぬ花           幸屋

   花 晩春 永遠。

春   白い風船朧(おぼろ)ただよふ            無良

   風船 朧 三春 かすみただよう白い風船。









スレッド表示 | 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthDec 2018Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Today

検索

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.