SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選  
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   歌仙投句掲示板
     第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
Register To Post

| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
mura
Posted on: 2008/2/28 9:03
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
歌仙第4巻「想い馳せの巻」名残の裏4句目いただきましょう。おつぎは名残の裏5句目の投句お願いします。季は春の花、場か自でつくってみてください。
 

秋   秋風が吹き抜ける先想い馳せ    何木偶
秋    釣瓶落の音ひびく庭          粕一
秋月  名月に湯一献の図極楽にて     粕一
雑    寝ても覚めても趣味に没頭     何木偶
雑   手ひねりの味ある風情笑みこぼれ  桃栗
冬    だしが決め手のあつあつおでん  何木偶


冬   大根は霜にあたって甘味増す     桃栗
雑    世間に出て知る両親の愛      粕一
雑恋  お転婆の振袖姿見違えて       桃栗
雑恋   さば読む様も愛嬌に見え      粕一
雑恋  近頃は鏡の前が長くなり       桃栗
雑     見て見ぬ振りするスィーツの前   粕一
雑   片仮名の行事多くてつまみ食い   何木偶
春月   月は朧に目足よろよろ        粕一
春   時止まる蝶がふわりと家の庭     粕一
春    陽光の中ぶらんこ揺らす      何木偶
春花  子も離れ夫婦で味わう花見酒     桃栗
雑    庭の木見える二階のテラス     何木偶


雑   晴れた日は布団をたたく音響く    桃栗
雑    歌舞伎を真似て大見得を切り    粕一
夏   夕立に人も草木もほっとして     桃栗
夏    涼風通う長屋路地裏         何木偶
雑   喋りたい聞く人いない立ち話      桃栗
雑    立場かたなし逃げ込む先は     粕一
雑   晴れた日は日がな一日太公望     桃栗
雑    本命避けて見つめる視線       粕一
雑   見つめ合うどっちが見てる動物園   粕一
秋    帰りを急ぐ秋の夕暮れ         桃栗
秋月  月見れど句さっぱりだが尽きぬ酒   粕一
秋    運動会で走るお父さん         粕一


雑   人見えぬ広い野原に風が吹く      粕一
雑    草がたなびく家に住みたい      何木偶
雑   お隣りは都々逸ひねる好々爺      桃栗
春    梅の開花に寒さ和らぐ         鈍八
momokuri
Posted on: 2008/2/28 22:23
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 544
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
お茶飲みてしばし見とれる花の窓 桃栗

花(晩春)窓の正面に桜の木。お茶を飲みながらしばし見とれる。
nanoteku
Posted on: 2008/2/29 0:28
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
春の川映すは花と陽の光 何木偶

春(三春)春の暖かな様子。
junko
Posted on: 2008/2/29 8:10
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 289
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
春日向庭の花々誘われて 純子

春日向(三春)あちこちで咲き始め。
donpati
Posted on: 2008/2/29 8:18
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
花粉症ポカポカ陽気鼻うずく 鈍八

花粉症(三春)春の訪れに鼻がうずくさま
mura
Posted on: 2008/2/29 8:47
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
歌仙第4巻「想い馳せの巻」名残の裏5句目いただきましょう。おつぎは名残の裏6句目、挙句の投句お願いします。季は春、他か自でつくってみてください。
 

秋   秋風が吹き抜ける先想い馳せ    何木偶
秋    釣瓶落の音ひびく庭          粕一
秋月  名月に湯一献の図極楽にて     粕一
雑    寝ても覚めても趣味に没頭     何木偶
雑   手ひねりの味ある風情笑みこぼれ  桃栗
冬    だしが決め手のあつあつおでん  何木偶


冬   大根は霜にあたって甘味増す     桃栗
雑    世間に出て知る両親の愛      粕一
雑恋  お転婆の振袖姿見違えて       桃栗
雑恋   さば読む様も愛嬌に見え      粕一
雑恋  近頃は鏡の前が長くなり       桃栗
雑     見て見ぬ振りするスィーツの前   粕一
雑   片仮名の行事多くてつまみ食い   何木偶
春月   月は朧に目足よろよろ        粕一
春   時止まる蝶がふわりと家の庭     粕一
春    陽光の中ぶらんこ揺らす      何木偶
春花  子も離れ夫婦で味わう花見酒     桃栗
雑    庭の木見える二階のテラス     何木偶


雑   晴れた日は布団をたたく音響く    桃栗
雑    歌舞伎を真似て大見得を切り    粕一
夏   夕立に人も草木もほっとして     桃栗
夏    涼風通う長屋路地裏         何木偶
雑   喋りたい聞く人いない立ち話      桃栗
雑    立場かたなし逃げ込む先は     粕一
雑   晴れた日は日がな一日太公望     桃栗
雑    本命避けて見つめる視線       粕一
雑   見つめ合うどっちが見てる動物園   粕一
秋    帰りを急ぐ秋の夕暮れ         桃栗
秋月  月見れど句さっぱりだが尽きぬ酒   粕一
秋    運動会で走るお父さん         粕一


雑   人見えぬ広い野原に風が吹く      粕一
雑    草がたなびく家に住みたい      何木偶
雑   お隣りは都々逸ひねる好々爺      桃栗
春    梅の開花に寒さ和らぐ         鈍八
春花  お茶飲みてしばし見とれる花の窓    桃栗
momokuri
Posted on: 2008/3/1 7:36
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 544
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
春の景色に若き日思う 桃栗

春(三春)春の景色に青春の日々を思い出す。
junko
Posted on: 2008/3/1 8:28
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 289
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
ほころぶ想い春の空行く 純子

春の空(三春)花の想いも我が想いも。
donpati
Posted on: 2008/3/1 8:28
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
夜桜見詰め思いにふける 鈍八

桜(三春)を見て、季節の移り変わりを堪能す。
nanoteku
Posted on: 2008/3/1 8:38
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
外で遊ぶ子春と戯れ 何木偶

春(三春)春が来てはしゃぐ様子。
mura
Posted on: 2008/3/1 9:01
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
桜吹雪の散り際の良さ   粕一

桜吹雪 晩春 見事な散り際。
mura
Posted on: 2008/3/1 9:03
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
歌仙第4巻「想い馳せの巻」名残の裏6句目、挙句いただきましょう。完成です。

 

秋   秋風が吹き抜ける先想い馳せ    何木偶
秋    釣瓶落の音ひびく庭          粕一
秋月  名月に湯一献の図極楽にて     粕一
雑    寝ても覚めても趣味に没頭     何木偶
雑   手ひねりの味ある風情笑みこぼれ  桃栗
冬    だしが決め手のあつあつおでん  何木偶


冬   大根は霜にあたって甘味増す     桃栗
雑    世間に出て知る両親の愛      粕一
雑恋  お転婆の振袖姿見違えて       桃栗
雑恋   さば読む様も愛嬌に見え      粕一
雑恋  近頃は鏡の前が長くなり       桃栗
雑     見て見ぬ振りするスィーツの前   粕一
雑   片仮名の行事多くてつまみ食い   何木偶
春月   月は朧に目足よろよろ        粕一
春   時止まる蝶がふわりと家の庭     粕一
春    陽光の中ぶらんこ揺らす      何木偶
春花  子も離れ夫婦で味わう花見酒     桃栗
雑    庭の木見える二階のテラス     何木偶


雑   晴れた日は布団をたたく音響く    桃栗
雑    歌舞伎を真似て大見得を切り    粕一
夏   夕立に人も草木もほっとして     桃栗
夏    涼風通う長屋路地裏         何木偶
雑   喋りたい聞く人いない立ち話      桃栗
雑    立場かたなし逃げ込む先は     粕一
雑   晴れた日は日がな一日太公望     桃栗
雑    本命避けて見つめる視線       粕一
雑   見つめ合うどっちが見てる動物園   粕一
秋    帰りを急ぐ秋の夕暮れ         桃栗
秋月  月見れど句さっぱりだが尽きぬ酒   粕一
秋    運動会で走るお父さん         粕一


雑   人見えぬ広い野原に風が吹く      粕一
雑    草がたなびく家に住みたい      何木偶
雑   お隣りは都々逸ひねる好々爺      桃栗
春    梅の開花に寒さ和らぐ         鈍八
春花  お茶飲みてしばし見とれる花の窓    桃栗
春    桜吹雪の散り際の良さ         粕一
donpati
Posted on: 2008/3/7 7:58
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
歌仙第4巻「想い馳せの巻」・・・おめでとうございます。
mura
Posted on: 2008/11/17 13:52
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
第4巻「想い馳せの巻」、完成です。ご協力ありがとうございました。
mura
Posted on: 2008/11/17 13:52
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第4巻 「想い馳せの巻」投句コーナー
決まり事という縛りがあるから、また頭をいちだんとつかう楽しさがあるわけで、決まり事は守りましょう。

連句の面白さは、転じる、つける、発想の広がりにあります。立派に転じる、つける、ができておりますから、大したものです。十分に連句になっていると思います。

今後がますます楽しみですね。
« 1 ... 5 6 7 (8)
| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthOct 2021Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Today

検索

投稿数ランキング
1 mura 4239
2 tobiko 2306
3 sachiya 2181
4 nanoteku 1669
5 donpati 1471
6 gen 949
7 yae 728
8 uho 601
9 momokuri 544
10 yasuyasuko 491
11 kao 325
12 junko 289
13 harow 214
14 hitosio 91
15 yusa 69
16 jitukuri 48
17 jojo 47
18 taraku 34
19 hachifune 20
20 sousou 10
21 yuyu 8
22 yahow 8
23 seihati 7
24 raita 6
25 ikkaku 5
26 tanai 4
27 boke 3
28 hatuho 3
29 gokuraku 2
30 ehou 2
31 yuusui 2
32 rakusho 2

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.