SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選  
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   綾鳶の会団らん掲示板
     作句のコツ
Register To Post

| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
mura
Posted on: 2018/12/28 18:35
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
病気の原因はマイナス感情と薬害と思ったほうがいい。とりあえず、死なないようにしてもらったら、病気は生活態度をあらため、マイナス感情を少なくして自分で治すものなのだと気づいたほうがいいでしょうね。いまのガンの治療法もひどいものです。

ということで、血圧の話。血圧は、血管を太くして、柔軟性をよくし、血の流れをよくするのが対策の本質です。血圧の薬を飲むのは最悪です。

まあ、まずは簡単な方法で実施したほうがいいものを書いておきましょう。にがりのはいった塩を食べるのはやめることです。血管だけでなく、筋肉のすべて、鼓膜も硬くなります。筋肉が硬くなるというのは死に近づいているということです。

セイロンシナモンと玉ねぎの皮の粉末を一緒に食べる。中国産、ベトナム産のシナモンは毎日1.5g食べると肝機能障害がでますが、セイロン産は毎日300gたべても大丈夫です。量は気にする必要はないということです。これは効果は大きいですね。血管が健康になるだけではありません。



mura
Posted on: 2018/12/29 17:39
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
この方は信用できるお医者さんです。この動画を見て、何を感じ、何を思い、どのような行動をとるかは、全部、その人の選択です。自由です。それがその人の運命、人生だからです。

近藤誠/がん治療とがん放置のヒント

ガンはどういうものであるかはすでにわかっていることがあります。ガンは嫌気性の細胞で、温度に弱い。38度以上で死に出す。エサはブドウ糖だけ。不安などのマイナス感情が強いと成長する。体温が35度以下だと成長が速くなる。

これだけわかっているわけですから。、この逆をすれば、ガンは消えるわけです。だが、この先生も苦労されているみたいです。

ようするに、人間は不安に思わないということがいかに難しいか、不安に思わずに根気強くつづけるのが難しいということでしょうね。マイナス感情を少なくするは難しい。やはりマイナス感情を少なくすることが本丸だということです。


mura
Posted on: 2018/12/30 17:50
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
裏口入学依頼の記事がありました。金額3000万円。なるほど、これが妥当な金額なのですね。私立の入りやすい医学部の授業料は3000万円以上あるようです。6年で医師試験に合格する人は少ないから、7年から8年はかかる。寄付金もあるだろうから、医師になるには3億円近くかかるかもしれない。投資額の元を取るには大変ですね。

私は国立大学出の医者が全部優秀で、私立の医者が全部優秀ではないとは思いません。向き不向きも大きいですからね。ちなみに日本の医者の半分は私立出です。

そうはいっても、いまの日本の医療はおかしいところが多いのは事実のようです。人間の尊厳を無視して、ただ死なないことだけが最優先されているきらいは感じないわけにはいきません。

私が最近聞いた話です。80過ぎの人が朝起きたら背中が痛かった。病院に行ったら、腸が狭くなっているといわれてすぐに手術になった。腸を広くする操作をしたら、腸が裂けてしまった。そこで腸を切断して人工肛門をつけた。

医者からは薬の飲みすぎだといわれたそうです。薬は毒なのです。薬を多量に飲み続けていると、体の中はボロボロになって劣化して人間の尊厳とは程遠い境遇になる最期をむかえることになりかねないということです。おまけに膨大な医療費になって国の借金を増やしているわけですから、自業自得という言葉だけではおさまりようがありませんね。

東京医大入試 国会議員が依頼 「三千万円用意」の書面も 第三者委報告



mura
Posted on: 2019/1/1 9:06
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
新年、明けましておめでとうございます。元号もかわりますし、いろんなことが起こりそうですね。昨年末から、株の乱高下が激しくなっております。暴落するときに起きるいつもの現象です。消費税の増税はない可能性が高そうです。アメリカが中国をつぶしにかかっておりますが、中国分裂は今年ではなく、2020年か2021年くらいかもしれませんね。アメリカが支配し続ける世界は決していいとは思いませんが、中国が支配したらさらに悪い。最悪の悪夢です。中国分裂後は、アメリカも分裂するかもしれませんね。

悪い兆候もいっぱい起こりそうですが、いい兆候もいっぱい出てくる年になりそうです。激動というのは、悪い流れといい流れが混在する時代です。日本は変わるまで時間がかかる国ですが、変わりだすとはやい。

ひとついい兆候の例を挙げておきます。つくば市の副市長に2年ほど前に26歳の人が就任しております。財務省官僚を辞任しての就任です。日本の行政は前例主義。前例がないと動かない。自分が前例をつくって、日本を変える。自分が失敗すると、次の人が出てこられなくなるという意気込みで果敢に仕事をしているようです。この人はやるでしょう。

こういう人がもう次々と現れております。どちらの流れにつくかで人生が決まるということでしょう。みなさんがいい流れのほうについて、いい年になることを願っております。


mura
Posted on: 2019/1/5 18:31
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
私が住んでいるところは、年明け前に気温がマイナスになることはありませんし、年が明けてからも例年の最低気温はせいぜいマイナス1度か2度ほどです。ところが昨年の1月はマイナス5度が2度ありましたし、年末の最後の週はマイナス3度、マイナス4度、年が明けてしょっぱなにすでにマイナス5度になっております。今年はマイナス6度以下もあるかもしれませんね。

確実に最低気温が下がってきております。霜を履みて堅氷いたる。という言葉があります。『易経』にある言葉です。知恵ある人と、知恵のない人の違いは、兆しを見れるか、見たら備えを充分にしておけるか。そこにありますね。




mura
Posted on: 2019/1/6 17:30
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
病気は自分で生活と行動をかえ、食物の食べ方で治すものです。薬では治りません。病院に行って薬を飲めば飲むほど、体はボロボロに劣化して、もろくなるというのを知っておいたほうがいいでしょうね。ボロボロに切り刻まれて管まみれになってしばられて死にたくなければ、よくよく考えたほうがいいでしょう。自分の人生は選択ですからね。値段の高くないもので、いい食べ物をいくつか紹介しておきます。

チアシードを2週間毎日食べるとどうなるでしょうか?
全然違う!セイロンシナモン(美容・健康・老化防止効果・副作用)
【チョコの健康効果続々!】高カカオ豆チョコに発見 5つの健康効果
生姜を毎日食べるだけで体に凄い効果が現れる!


mura
Posted on: 2019/1/7 18:12
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
私は納豆は毎日食べておりますが、私の食べ方を紹介しておきましょう。納豆は常温にもどして、夕方以降に食べる。お椀に玄米黒酢をいれます。それに甜菜糖を入れる。本物の味噌と醤油と卵を入れる。損傷している細胞を再生する必要が私の場合にはあるので、分子量の小さいコラーゲンを入れて食べています。

コラーゲンは消化されるとアミノ酸に分解されるから、意味がないと言っている人がいますが、そういうことはありません。意味はあります。

いまからミニ氷河期になって寒くなるので、黒砂糖ではなく、甜菜糖を使うわけですね。日本の本来の調味料は知恵の塊ですが、いま市販されている味噌、醤油、酢などは、知恵が抜け落ちた、化学調味料、人工添加物たっぷりのもどき製品ですから、私は使いません。もちろん、にがりが入っている塩はつかいません。

いい食品、悪い食品はもちろんありますが、神経質になりすぎても、いまの社会ではいいものだけを食べるというわけにはいきません。一番悪いのは食べすぎです。大人は腹7分にして、おいしいと思って食べるのが一番の基本になりますね。





mura
Posted on: 2019/1/9 17:59
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
この先生の本は、出てすぐのころに購入して読ませてもらいました。病院に行くから病気になるわけですね。もちろん緊急医療としての病院の存在価値は当然あるのは認めます。この動画を見て、自分の老後、最期をどうするか考えたほうがいいと思います。時間はあっという間に立ってしまいますから。

日本でも50年ほど前まではだいたい自宅で苦しむことのなくやすらかな最期を迎えておりました。それが病院で死を迎えるようになって、切り刻まれ、管だらけになって、点滴をされて、人によってはあばれないように縛られて、苦しみながら死ぬようになりました。点滴は水膨れになって多くの苦しみをもたらします。

ガンも治療をやらなければ、かえって寿命ものび、やすらかに死ねるようです。高齢で手術等をすることが良か愚か考えたほうがいいでしょうね。

患者に苦痛を与えるだけの代償がどれだけのものであるか。やすらかな死を迎えられるのであれば、価値はあると思えますが、それすらもない。

今の日本では医療費は年間42兆円。うち8兆円が薬代。世界の4割が日本人が飲んでいる薬です。薬漬けで、死ぬときは臓器がぼろぼろに劣化して弱くなっている。20兆円くらいは赤字で若い人たちへの借金になっています。病院に行くのを最低限にしたら、10兆円くらいのお金はすぐにでもできる。


これ以上は書きません。やすらかに死を迎えられるか。これがつぎの人生にとってはきわめて重要な意味があります。ということで、まずは動画を見てください。何を感じるかは、その人次第です。


中村仁一先生講演会 『自然死のすすめ』


mura
Posted on: 2019/1/10 17:53
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
私が住んでいるところの昨年の最低気温は1月中旬のマイナス5度でした。12月中にマイナスになることはないんですが、最後の週にマイナス4度になりました。ということで、マイナス10度も今後はあることを想定して、屋外に増設していた水道管の冷冬対策の工事の手配を昨年中にしておきました。

今日の最低気温はなんとマイナス6度でした。例年より4度くらいは低い状態です。ヨーロッパ、北米の状態を注目しておりましたが昨年以上に豪雪、寒波になっております。大西洋の海流と気流が完全におかしくなっているためのようです。

2015年から太陽の黒点がない日が急増しております。2015年にミニ氷河期に入ったとみてよさそうです。日本近海の海流もおかしくなり始めています。太平洋の海流と気流がさらにおかしくなったら、日本も完全にミニ氷河期に突入するということでしょうね。



mura
Posted on: 2019/1/11 18:36
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
氷河期というと何か特別なことのように思う人もいるかもしれませんが、長い地球の歴史の中では特別なことではありません。平均すると4万年に1回ほどはあるようです。10万年以上つづくこともあります。ミニ氷河期は1000年に何回かはあることもあるようです。

文明、技術が進むと、どうしても人間は便利さ、快適さをますます求めるようになり、わがままに、傲慢になってきます。技術が進んでも利口で知恵ある賢い人になるのは増えるどころかかえって減っていくのが現実です。

そうなるとますます地球を汚染するようになる。我慢の限界まで地球は辛抱しても、限界を超えると、汚染の原因である人間を減らす自己防衛行動に出ることになる。これがリセットです。

原始の状態の石器状態になっても、数万年もあれば、いまくらいまでにはなるのはそうむずかしくもない。ホモサピエンスの歴史は20万年ほどはあるとすれば、今回が最初の文明だと考えるほうが、考えが足らないということでしょうね。

こういうことが理解できたら、何が重要かもおのずとわかろうというものでしょう。



mura
Posted on: 2019/1/12 18:25
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
前回のミニ氷河期は江戸時代にありましたが、当時はいまのような暖房器具はなかったし、隙間風の多い家に住んでおり、衣服も薄着だった。

考えられるのは、当時の日本人は体温は37度以上はあったでしょうね。正常な体温は36.5度から37.2度くらいといわれております。不健康なものは食べずに、もちろん過食をせずに、適度に体を動かして、もうひとつ体の歪みをできるだけ少なくするようにすれば、体温は37度以上になります。

ミニ氷河期になると感染症は急増します。地球の人口を減らすために菌をばらまいている集団もいるという噂もあります。そうかもしれません。食糧が世界的に減るからです。

病気をしない一番の妙法は腹7分です。もう一つは、マイナス感情が騒いで、不安にならないようにしておくことです。だから、マイナス感情を少なくしておくことが、本丸というわけです。マイナス感情がすぐに騒ぐ人は1日食べないだけで、餓死してしまうほどですからね。

体温をあげる方法と、体の歪みについては、つぎに簡単にふれておきます。


mura
Posted on: 2019/1/13 17:42
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
人間の体で一番エネルギーを使っているのは、頭です。頭を使えば、当然体温は上がります。頭を考えて使わなくても、壁にどんどんどんとぶつけても、こぶができるくらいですから、体温は上がるかもしれませんね。

心臓の温度は40度あります。肩甲骨の後ろあたりには体温があがるツボがあるので、肩を動かす、体を左右にふれば、体温はあがります。

筋肉を使えば体温はあがります。お尻とふとももの筋肉をつかえば、体温はあがります。お風呂にはいって、半身浴をするのも効果的です。心臓までつける場合は、長時間はやめたほうがいいでしょう。

体の歪みを極力取り除くのは重要です。いい姿勢とは、背筋を真っすぐすることではありません。背骨はs字をしているので、後傾になりすぎます。頭を天に軽く持ち上げるくらいが丁度いい。

多くなりすぎるのであと二つ書いておきます。なで肩と猫背を治すのは、必須です。方法はユーチュブから自分に合ったものを適当にえらぶといいでしょうね。


mura
Posted on: 2019/1/14 17:29
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
姿勢というのはとても大事です。姿勢の悪い人は、呼吸も浅くなるし、そのうちに腰も肩も痛み出します。

小学生にゴリラやチンパンジーみたいな歩き方の子がいます。ゴリラやチンパンジーに近づいているわけですね。浮足の子も問題になっていますよね。正しい歩き方がみについていないわけです。

こういうのを見逃しておいて、勉強しなさいという親は何も見ていないということです。

基本的に、姿勢が良くて、味覚が正常な子供は何もいわなくても、真っすぐに育つものです。いまは、姿勢と食べ物が悪すぎるわけですね。そこをまずは問題にしたほうがいいでしょうね。



mura
Posted on: 2019/1/16 18:11
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
日本の自動車産業の規模は68兆円ほどあるようです。そこまではいきませんが、日本の医療費は42兆円。これを産業と呼ぶならば、充分すぎるくらいに巨大産業の規模です。この規模を維持するためには、いろいろあるとしても不思議はありません。維持できなければ、つぶれますからね。

それに医療関係の論文というのはでっち上げが実際のところ多いわけです。でっち上げ論文を作るのは容易で、多く存在しております。高校の時の同窓に大きな製薬会社の研究所の所長をしていたのがいて、去年の5月に飲んでいた時に、医療論文なんかほとんどでっち上げだよと言っておりました。追試などしても自分の成果にはならないから、追試などされることはほとんどないわけですね。

製薬会社が儲かるようにでっち上げ論文をつくるわけです。

科学に絶大な信頼をよせている人は多いと思います。が、科学において因果関係を特定するのは至難で、ほとんどわかっていないといったほうがいい。

わかっているのは相関関係だけです。

都合の悪いデータを無視すると、容易にでっち上げデータが作れるというわけです。。わかりやすい例を一つ出しておきましょう。適切な例かどうかは疑問はありますが、無視してください。学校に行っていない黒人だけを対象にしてデータを作る。すると、簡単に、黒人は頭が悪いというデータをつくれるわけですね。


mura
Posted on: 2019/1/17 18:09
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 3511
Re: 作句のコツ
病院に行けば、病気が治るととんでもない誤解をしている人が多いようです。虫のいい考えで、大きな間違いです。西洋医学の医者は病気の治し方など知りません。医者はとりあえず死なないようにしてくれるだけです。そのために、検査をして、薬を出す。手術をする。

検査をして、薬を出す。手術をする。これをのぞいたら、医者はやることがなくなってしまう。基本的に、薬を飲んで病気が治ることはありません。例えば、鎮痛剤を飲めば、痛みはなくなりますが、痛みの原因がなくなったわけではありません。感じなくしているだけです。

薬は麻薬なのですね。麻薬を飲み続けていると、体はぼろぼろに劣化してしまう。薬も同じです。

手術も体を切り刻むと神経が切れてしまうので、体の機能は著しく低下します。外科の医者はやたらと手術をしたがって臓器を取り除きたがります。体には無駄な臓器などはないにもかかわらずです。ある年齢以上になったら、手術はしないのが賢明というものです。

とりあえず、死ななくしてもらったら、病気は生活行動と食べ物の方法を変えて、自分で治す。これ以外にはありません。年取った後は極力病院に行かないようにすれば、苦しまずにやすらかに死ねるのに、行けば行くほど苦しんで死ぬことになります。苦しみを感じないようにあばれないように、縛られて薬漬けにされます。

これが理解できない人は、本来は日本人が持ち合わせていた知恵を知恵のない薄っぺらな西欧の方法を基準にした戦後教育で失ってしまったということなのでしょうね。



« 1 ... 38 39 40 (41) 42 43 44 ... 50 »
| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthJun 2019Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Today

検索

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.