SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選 全リスト 
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   歌仙投句掲示板
     第18巻「初笑の巻」投句コーナー
Register To Post

| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
donpati
Posted on: 2010/2/8 1:55
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 981
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
凧合戦を楽しむ親子 鈍八

凧合戦 三春 絆。
nanoteku
Posted on: 2010/2/8 7:59
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 999
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
ぶらんこ乗って景色ゆらゆら 何木偶

ぶらんこ 三春 行きつ戻りつ楽しむ。
kasuiti
Posted on: 2010/2/8 8:57
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2105
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
歌仙第18巻「初笑の巻」名残の裏4句目いただきましょう。おつぎは名残の裏5句目の投句を季は春の花、自か場でお願いします。


新年  祖父和む孫の顔見て初笑    鈍八
新年   おらが春にも来たれ福運    粕一
雑   ストレッチ毎夜毎朝鏡見て    鳶子
雑    いつの時代も出る杭打たれ   鳶子
春   つくしんぼ踏まれ益々強くなり  花央
春月   名残の雪をただ照らす月    粕一


春   手にとって春の蜜柑を舌にのせ  鈍八
雑恋   ひとり赤らむキスの練習     鳶子
雑恋  口下手が行きつ戻りつ告白し   粕一
雑    世は殺伐と詐欺が横行      粕一
雑   縁側でタマは寝そべり毛繕い    鳶子
秋    夜食摘まんで腹ごしらえ      鈍八
秋月  秋冷も何のそのさと月見酒     鈍八
秋    かの蹲に瓢箪浮かぶ        鳶子
秋   赤蜻蛉池の畔を赤く染め       鈍八
雑    ふと目に浮かぶあの日あの頃   粕一
雑   ナツメロと昭和レトロが足誘う     粕一
雑    ちゃぶ台囲み皆で夕飯       鳶子


春花  花吹雪口羽根踊る巣立鳥       粕一
春    手に桜餅口に草餅           粕一
春   馬上にて願いありきの伊勢参り    鳶子
雑    新星の母街に現れ           鳶子
夏   境内は祭囃子で賑わって        鈍八
夏    蚊帳でお昼寝じじと孫たち       鈍八
雑恋  何処かしら似ている人を好きになり 花央
雑恋   悪態の先あの八重歯あり      鳶子
雑   大酒飲みゃ腹立て手足止まらない   粕一
秋    懐寒く身にしむ夜長          鳶子
秋月  目は重く有明月は白み行く       粕一
秋    はじけて落ちる庭の薑         鳶子


雑   千三つの夢に希望のはぐれ鳥     粕一
雑    カルガモ親子並んで泳ぐ       鈍八
雑   世と人は付きつ離れぬゴムバンド   粕一
春    ぶらんこ乗って景色ゆらゆら    何木偶
tobine
Posted on: 2010/2/10 22:22
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 1030
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
盃重ね遅咲きの花騒ぎ待つ 鳶子

遅咲きの花 晩春 景色もゆらゆら。
kao
Posted on: 2010/2/11 0:02
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 327
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
ほろ酔いの杯灯る花篝 花央

花篝 晩春 いい気分。
kasuiti
Posted on: 2010/2/11 10:07
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2105
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
花盛り名残の霜に凛とする  粕一

花盛り 名残の霜 晩春 ぶり返す寒さに桜も身引き締まる。
kasuiti
Posted on: 2010/2/11 10:08
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2105
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
歌仙第18巻「初笑の巻」名残の裏5句目いただきましょう。おつぎは名残の裏6句目、挙句の投句を季は春の他か場でお願いします。


新年  祖父和む孫の顔見て初笑    鈍八
新年   おらが春にも来たれ福運    粕一
雑   ストレッチ毎夜毎朝鏡見て    鳶子
雑    いつの時代も出る杭打たれ   鳶子
春   つくしんぼ踏まれ益々強くなり  花央
春月   名残の雪をただ照らす月    粕一


春   手にとって春の蜜柑を舌にのせ  鈍八
雑恋   ひとり赤らむキスの練習     鳶子
雑恋  口下手が行きつ戻りつ告白し   粕一
雑    世は殺伐と詐欺が横行      粕一
雑   縁側でタマは寝そべり毛繕い    鳶子
秋    夜食摘まんで腹ごしらえ      鈍八
秋月  秋冷も何のそのさと月見酒     鈍八
秋    かの蹲に瓢箪浮かぶ        鳶子
秋   赤蜻蛉池の畔を赤く染め       鈍八
雑    ふと目に浮かぶあの日あの頃   粕一
雑   ナツメロと昭和レトロが足誘う     粕一
雑    ちゃぶ台囲み皆で夕飯       鳶子


春花  花吹雪口羽根踊る巣立鳥       粕一
春    手に桜餅口に草餅           粕一
春   馬上にて願いありきの伊勢参り    鳶子
雑    新星の母街に現れ           鳶子
夏   境内は祭囃子で賑わって        鈍八
夏    蚊帳でお昼寝じじと孫たち       鈍八
雑恋  何処かしら似ている人を好きになり 花央
雑恋   悪態の先あの八重歯あり      鳶子
雑   大酒飲みゃ腹立て手足止まらない   粕一
秋    懐寒く身にしむ夜長          鳶子
秋月  目は重く有明月は白み行く       粕一
秋    はじけて落ちる庭の薑         鳶子


雑   千三つの夢に希望のはぐれ鳥     粕一
雑    カルガモ親子並んで泳ぐ       鈍八
雑   世と人は付きつ離れぬゴムバンド   粕一
春    ぶらんこ乗って景色ゆらゆら    何木偶
春花  花盛り名残の霜に凛とする       粕一
donpati
Posted on: 2010/2/12 0:06
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 981
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
ボートレースに歓声上がる 鈍八

ボートレース 晩春 熱狂。
kao
Posted on: 2010/2/12 7:24
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 327
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
仔馬産まるゝ厩舎の日の出  花央

仔馬 晩春 希望漲る。
kasuiti
Posted on: 2010/2/12 9:27
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2105
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
笑いの輪にも日永うとうと  粕一

日永 三春 笑いのネタも陽気には勝てず。
kasuiti
Posted on: 2010/2/12 9:28
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2105
Re: 第18巻「初笑の巻」投句コーナー
歌仙第18巻「初笑の巻」名残の裏6句目、挙句いただきましょう。完成です。ご協力ありがとうございます。


新年  祖父和む孫の顔見て初笑    鈍八
新年   おらが春にも来たれ福運    粕一
雑   ストレッチ毎夜毎朝鏡見て    鳶子
雑    いつの時代も出る杭打たれ   鳶子
春   つくしんぼ踏まれ益々強くなり  花央
春月   名残の雪をただ照らす月    粕一


春   手にとって春の蜜柑を舌にのせ  鈍八
雑恋   ひとり赤らむキスの練習     鳶子
雑恋  口下手が行きつ戻りつ告白し   粕一
雑    世は殺伐と詐欺が横行      粕一
雑   縁側でタマは寝そべり毛繕い    鳶子
秋    夜食摘まんで腹ごしらえ      鈍八
秋月  秋冷も何のそのさと月見酒     鈍八
秋    かの蹲に瓢箪浮かぶ        鳶子
秋   赤蜻蛉池の畔を赤く染め       鈍八
雑    ふと目に浮かぶあの日あの頃   粕一
雑   ナツメロと昭和レトロが足誘う     粕一
雑    ちゃぶ台囲み皆で夕飯       鳶子


春花  花吹雪口羽根踊る巣立鳥       粕一
春    手に桜餅口に草餅           粕一
春   馬上にて願いありきの伊勢参り    鳶子
雑    新星の母街に現れ           鳶子
夏   境内は祭囃子で賑わって        鈍八
夏    蚊帳でお昼寝じじと孫たち       鈍八
雑恋  何処かしら似ている人を好きになり 花央
雑恋   悪態の先あの八重歯あり      鳶子
雑   大酒飲みゃ腹立て手足止まらない   粕一
秋    懐寒く身にしむ夜長          鳶子
秋月  目は重く有明月は白み行く       粕一
秋    はじけて落ちる庭の薑         鳶子


雑   千三つの夢に希望のはぐれ鳥     粕一
雑    カルガモ親子並んで泳ぐ       鈍八
雑   世と人は付きつ離れぬゴムバンド   粕一
春    ぶらんこ乗って景色ゆらゆら    何木偶
春花  花盛り名残の霜に凛とする       粕一
春    笑いの輪にも日永うとうと        粕一
« 1 ... 5 6 7 (8)
| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthMar 2017Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Today

検索

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.