SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選  
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   歌仙投句掲示板
     第28巻「夏夕日の巻」投句コーナー
Register To Post

| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
donpati
Posted on: 2011/7/28 8:21
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第28巻「夏夕日の巻」投句コーナー
足早の足を止め行く花明り 鈍八

花明り 晩春 魅了する。 
nanoteku
Posted on: 2011/7/28 18:37
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第28巻「夏夕日の巻」投句コーナー
春の空見上げてふわり花便り 何木偶

春の空 三春 花便り 晩春 温かな光景。
mura
Posted on: 2011/7/28 19:04
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第28巻「夏夕日の巻」投句コーナー
第28巻「夏夕日の巻」名残の裏5句目、いただきましょう。おつぎは名残の裏6句目、挙句の投句を季は春の場か他でお願いします。



夏  縞模様田圃に描く夏夕日     花央
夏   縁側団扇喉鳴る麦酒       粕一
雑  演説も拳元気で声かれて      粕一
秋   宵に合わせて虫の音変わり   鳶子
秋  残月が静かに浮かぶ秋の池    鈍八
秋   狙い定めて熟柿を落とし     鳶子



秋  そぞろ寒手足震えて目を細め    鳶子
雑恋  ナンパ初心者きょろつく仕草   粕一
雑恋 一途でも乙女心は良く変わる    鳶子
雑   迷い箸していつも怒られ      鳶子
雑  爺様の書いた家訓に仮名をふり   花央
雑   錦鯉池瓦葺家屋           何木偶
冬  空っ風寒北斗見て急ぎ足       何木偶
冬   夜咄すれば月も番待ち       鳶子
雑  見栄切れば並ぶものなし大舞台    鳶子
春   春の匂いに浮き立つこの身     粕一
春花 あぁ無常花より団子と手を伸ばし   鳶子
春   雀蜂の巣益々でかく         鈍八



春  静けさの森の向うに木瓜の花      鈍八
雑   揶揄も気にせぬ独活の大木      粕一
雑  頑なに一汁三菜順守して        鳶子
雑   もう一杯で終電逃す          鈍八
夏  青簾緑のカーテン暑気しのぎ      粕一
夏   日陰でだらり昼寝する猫       鳶子
雑恋 あの人の気配感じて裾合わせ     鳶子
雑恋  気は使えども薄い反応        粕一
雑  入口にひっそり鎮座肖像画       粕一
秋   花畑から香るプレゼント        鈍八
秋月 望月に兎が様に遊ぶ酔い        粕一
秋   話通じぬは猪年の性          鳶子



雑  緩やかな川沿い走るローカル線     鳶子
雑   変わらぬ味の地もの弁当        鳶子
雑  温故知新温故知新と念仏す        粕一
春   風車付けベビーカー押す        鈍八
春花 春の空見上げてふわり花便り      何木偶




donpati
Posted on: 2011/7/29 7:45
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第28巻「夏夕日の巻」投句コーナー
紋白蝶が畑飛び交う 鈍八

紋白蝶 三春 長閑な景色。
tobiko
Posted on: 2011/7/29 17:55
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 2306
Re: 第28巻「夏夕日の巻」投句コーナー
行くあてもなく蜃気楼揺れ 鳶子

蜃気楼 晩春 彷徨う。
nanoteku
Posted on: 2011/7/29 18:09
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第28巻「夏夕日の巻」投句コーナー
雲雀さえずる蒲公英の丘 何木偶

雲雀 蒲公英 三春 春の風景。
mura
Posted on: 2011/7/29 19:36
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第28巻「夏夕日の巻」投句コーナー
第28巻「夏夕日の巻」名残の裏6句目、挙句いただきましょう。完成です。ご協力ありがとうございます。



夏  縞模様田圃に描く夏夕日     花央
夏   縁側団扇喉鳴る麦酒       粕一
雑  演説も拳元気で声かれて      粕一
秋   宵に合わせて虫の音変わり   鳶子
秋  残月が静かに浮かぶ秋の池    鈍八
秋   狙い定めて熟柿を落とし     鳶子



秋  そぞろ寒手足震えて目を細め    鳶子
雑恋  ナンパ初心者きょろつく仕草   粕一
雑恋 一途でも乙女心は良く変わる    鳶子
雑   迷い箸していつも怒られ      鳶子
雑  爺様の書いた家訓に仮名をふり   花央
雑   錦鯉池瓦葺家屋           何木偶
冬  空っ風寒北斗見て急ぎ足       何木偶
冬   夜咄すれば月も番待ち       鳶子
雑  見栄切れば並ぶものなし大舞台    鳶子
春   春の匂いに浮き立つこの身     粕一
春花 あぁ無常花より団子と手を伸ばし   鳶子
春   雀蜂の巣益々でかく         鈍八



春  静けさの森の向うに木瓜の花      鈍八
雑   揶揄も気にせぬ独活の大木      粕一
雑  頑なに一汁三菜順守して        鳶子
雑   もう一杯で終電逃す          鈍八
夏  青簾緑のカーテン暑気しのぎ      粕一
夏   日陰でだらり昼寝する猫       鳶子
雑恋 あの人の気配感じて裾合わせ     鳶子
雑恋  気は使えども薄い反応        粕一
雑  入口にひっそり鎮座肖像画       粕一
秋   花畑から香るプレゼント        鈍八
秋月 望月に兎が様に遊ぶ酔い        粕一
秋   話通じぬは猪年の性          鳶子



雑  緩やかな川沿い走るローカル線     鳶子
雑   変わらぬ味の地もの弁当        鳶子
雑  温故知新温故知新と念仏す        粕一
春   風車付けベビーカー押す        鈍八
春花 春の空見上げてふわり花便り      何木偶
春   紋白蝶が畑飛び交う          鈍八




« 1 ... 5 6 7 (8)
| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthOct 2021Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Today

検索

投稿数ランキング
1 mura 4239
2 tobiko 2306
3 sachiya 2181
4 nanoteku 1669
5 donpati 1471
6 gen 949
7 yae 728
8 uho 601
9 momokuri 544
10 yasuyasuko 491
11 kao 325
12 junko 289
13 harow 214
14 hitosio 91
15 yusa 69
16 jitukuri 48
17 jojo 47
18 taraku 34
19 hachifune 20
20 sousou 10
21 yuyu 8
22 yahow 8
23 seihati 7
24 raita 6
25 ikkaku 5
26 tanai 4
27 boke 3
28 hatuho 3
29 gokuraku 2
30 ehou 2
31 yuusui 2
32 rakusho 2

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.