SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選  
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   歌仙投句掲示板
     第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
Register To Post

| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
tobiko
Posted on: 2011/12/2 18:09
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 2306
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
街中で改革叫ぶ宣伝車 鳶子

ガラス越しに見えた。
nanoteku
Posted on: 2011/12/2 18:29
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
節電に技術の進歩で光差す 何木偶

各地でLEDルミナリエ。
mura
Posted on: 2011/12/2 19:29
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
一風も程が良ければ風情だが   粕一

風も雨も最近は台風並み。
mura
Posted on: 2011/12/2 19:31
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
第30巻「茜輝くの巻」名残の裏の3句目いただきましょう。おつぎは名残の裏の4句目の投句を季は春の場か他でお願いします。



秋  沈むほど茜輝く秋の暮       鳶子
秋   長い夜長に虫の音響く      鈍八
秋月 ホロ酔いを臥待月に照らされて  鳶子
秋   春惜しむ夜を猫とじゃれ合う   粕一
雑  いそいそと妻は爪とぎ同窓会    鳶子
雑   ラーメンがやたら美味くなる夫   粕一



雑  盆栽を眺めて過ごす一時間      鳶子
雑恋  待ち人多い日時計花壇      何木偶
雑恋 鈍行の見合いイベント大盛況     鳶子
雑恋  孫に揶揄され老いらくの恋     鳶子
雑  長編の残りページが気になって    何木偶
雑   太平楽は鼻に提灯          粕一
冬  朝凍みはつらら鼻水空っ風       粕一
冬月  破れ障子に月が顔出す        鳶子
雑  軽口も壁に耳あり伝わって       何木偶
春   蝶はふわふわ我が目はおぼろ     粕一
春花 目覚めれば花散る茣蓙に夢の跡     鳶子
春   春の暮には田打畦塗           粕一



春  目の前の風車眺めて頬緩む        鈍八
雑   逆風の中信念貫く             何木偶
雑  先の先見据え手を打つ囲碁ガール    花央
夏   勢い高し夏の白雲             粕一
夏  先競い檀尻引いて駆け抜ける        何木偶
雑   験を担いで禁酒禁煙            鳶子
雑  バーゲンであれもこれもと奪い合う     鈍八
雑   譲り合えるは日本の宝           鈍八
雑  無為無策暢気気儘も腹は空く         粕一
秋   秋茄子秋鯖手口忙し            粕一
秋月 人が増え月も登って里祭          何木偶
秋   朝寒映す枯草の露             粕一



雑  儘よ儘よ見る物見ずに突っ走る        粕一
雑   ショーウィンドーふと立ち止まる       鈍八
雑  一風も程が良ければ風情だが         粕一



tobiko
Posted on: 2011/12/3 10:42
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 2306
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
鳥の巣落とす春荒れの街 鳶子

鳥の巣 春荒れ 三春 春嵐。
donpati
Posted on: 2011/12/4 8:13
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
黄沙で街が黄色く染まる 鈍八

黄沙 三春 公害。
nanoteku
Posted on: 2011/12/4 15:06
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
春光注ぎ温もる校舎 何木偶

春光 三春 春らしい。
mura
Posted on: 2011/12/4 18:37
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
第30巻「茜輝くの巻」名残の裏の4句目いただきましょう。おつぎは名残の裏の5句目の投句を季は春の花、自か他でお願いします。



秋  沈むほど茜輝く秋の暮       鳶子
秋   長い夜長に虫の音響く      鈍八
秋月 ホロ酔いを臥待月に照らされて  鳶子
秋   春惜しむ夜を猫とじゃれ合う   粕一
雑  いそいそと妻は爪とぎ同窓会    鳶子
雑   ラーメンがやたら美味くなる夫   粕一



雑  盆栽を眺めて過ごす一時間      鳶子
雑恋  待ち人多い日時計花壇      何木偶
雑恋 鈍行の見合いイベント大盛況     鳶子
雑恋  孫に揶揄され老いらくの恋     鳶子
雑  長編の残りページが気になって    何木偶
雑   太平楽は鼻に提灯          粕一
冬  朝凍みはつらら鼻水空っ風       粕一
冬月  破れ障子に月が顔出す        鳶子
雑  軽口も壁に耳あり伝わって       何木偶
春   蝶はふわふわ我が目はおぼろ     粕一
春花 目覚めれば花散る茣蓙に夢の跡     鳶子
春   春の暮には田打畦塗           粕一



春  目の前の風車眺めて頬緩む        鈍八
雑   逆風の中信念貫く             何木偶
雑  先の先見据え手を打つ囲碁ガール    花央
夏   勢い高し夏の白雲             粕一
夏  先競い檀尻引いて駆け抜ける        何木偶
雑   験を担いで禁酒禁煙            鳶子
雑  バーゲンであれもこれもと奪い合う     鈍八
雑   譲り合えるは日本の宝           鈍八
雑  無為無策暢気気儘も腹は空く         粕一
秋   秋茄子秋鯖手口忙し            粕一
秋月 人が増え月も登って里祭          何木偶
秋   朝寒映す枯草の露             粕一



雑  儘よ儘よ見る物見ずに突っ走る        粕一
雑   ショーウィンドーふと立ち止まる       鈍八
雑  一風も程が良ければ風情だが         粕一
春   鳥の巣落とす春荒れの街          鳶子




tobiko
Posted on: 2011/12/4 20:29
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 2306
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
遅咲きの花にこの身を重ね見る 鳶子

花 晩春 散らずに残る。
donpati
Posted on: 2011/12/5 8:02
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
見上げれば花片口に入り込む 鈍八

花片 晩春 ナイスタイミング。
nanoteku
Posted on: 2011/12/5 18:06
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
花の雲入社式にて仰ぎ見る 何木偶

花の雲 入社式 晩春 一人前。
mura
Posted on: 2011/12/5 19:16
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
立ちん坊に視界も朧花吹雪   粕一

朧 三春 花吹雪 晩春 思わず入り込んでしまう。
mura
Posted on: 2011/12/5 19:18
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
第30巻「茜輝くの巻」名残の裏の5句目いただきましょう。おつぎは名残の裏の6句目、挙句の投句を季は春の自か他でお願いします。



秋  沈むほど茜輝く秋の暮       鳶子
秋   長い夜長に虫の音響く      鈍八
秋月 ホロ酔いを臥待月に照らされて  鳶子
秋   春惜しむ夜を猫とじゃれ合う   粕一
雑  いそいそと妻は爪とぎ同窓会    鳶子
雑   ラーメンがやたら美味くなる夫   粕一



雑  盆栽を眺めて過ごす一時間      鳶子
雑恋  待ち人多い日時計花壇      何木偶
雑恋 鈍行の見合いイベント大盛況     鳶子
雑恋  孫に揶揄され老いらくの恋     鳶子
雑  長編の残りページが気になって    何木偶
雑   太平楽は鼻に提灯          粕一
冬  朝凍みはつらら鼻水空っ風       粕一
冬月  破れ障子に月が顔出す        鳶子
雑  軽口も壁に耳あり伝わって       何木偶
春   蝶はふわふわ我が目はおぼろ     粕一
春花 目覚めれば花散る茣蓙に夢の跡     鳶子
春   春の暮には田打畦塗           粕一



春  目の前の風車眺めて頬緩む        鈍八
雑   逆風の中信念貫く             何木偶
雑  先の先見据え手を打つ囲碁ガール    花央
夏   勢い高し夏の白雲             粕一
夏  先競い檀尻引いて駆け抜ける        何木偶
雑   験を担いで禁酒禁煙            鳶子
雑  バーゲンであれもこれもと奪い合う     鈍八
雑   譲り合えるは日本の宝           鈍八
雑  無為無策暢気気儘も腹は空く         粕一
秋   秋茄子秋鯖手口忙し            粕一
秋月 人が増え月も登って里祭          何木偶
秋   朝寒映す枯草の露             粕一



雑  儘よ儘よ見る物見ずに突っ走る        粕一
雑   ショーウィンドーふと立ち止まる       鈍八
雑  一風も程が良ければ風情だが         粕一
春   鳥の巣落とす春荒れの街          鳶子
春花 立ちん坊に視界も朧花吹雪          粕一




donpati
Posted on: 2011/12/5 20:32
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
春の苺を摘んでは食べる 鈍八

春の苺 三春 夢中。
tobiko
Posted on: 2011/12/7 20:39
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 2306
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
ボートレースの下馬評握る 鳶子

ボートレース 晩春 熱狂する。
nanoteku
Posted on: 2011/12/8 19:19
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
畑打つ親子額には汗 何木偶

畑打つ 三春 地道に生きる。
mura
Posted on: 2011/12/8 19:28
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第30巻「茜輝くの巻」投句コーナー
第30巻「茜輝くの巻」名残の裏の6句目、挙句いただきましょう。完成です。協力ありがとうございます。



秋  沈むほど茜輝く秋の暮       鳶子
秋   長い夜長に虫の音響く      鈍八
秋月 ホロ酔いを臥待月に照らされて  鳶子
秋   春惜しむ夜を猫とじゃれ合う   粕一
雑  いそいそと妻は爪とぎ同窓会    鳶子
雑   ラーメンがやたら美味くなる夫   粕一



雑  盆栽を眺めて過ごす一時間      鳶子
雑恋  待ち人多い日時計花壇      何木偶
雑恋 鈍行の見合いイベント大盛況     鳶子
雑恋  孫に揶揄され老いらくの恋     鳶子
雑  長編の残りページが気になって    何木偶
雑   太平楽は鼻に提灯          粕一
冬  朝凍みはつらら鼻水空っ風       粕一
冬月  破れ障子に月が顔出す        鳶子
雑  軽口も壁に耳あり伝わって       何木偶
春   蝶はふわふわ我が目はおぼろ     粕一
春花 目覚めれば花散る茣蓙に夢の跡     鳶子
春   春の暮には田打畦塗           粕一



春  目の前の風車眺めて頬緩む        鈍八
雑   逆風の中信念貫く             何木偶
雑  先の先見据え手を打つ囲碁ガール    花央
夏   勢い高し夏の白雲             粕一
夏  先競い檀尻引いて駆け抜ける        何木偶
雑   験を担いで禁酒禁煙            鳶子
雑  バーゲンであれもこれもと奪い合う     鈍八
雑   譲り合えるは日本の宝           鈍八
雑  無為無策暢気気儘も腹は空く         粕一
秋   秋茄子秋鯖手口忙し            粕一
秋月 人が増え月も登って里祭          何木偶
秋   朝寒映す枯草の露             粕一



雑  儘よ儘よ見る物見ずに突っ走る        粕一
雑   ショーウィンドーふと立ち止まる       鈍八
雑  一風も程が良ければ風情だが         粕一
春   鳥の巣落とす春荒れの街          鳶子
春花 立ちん坊に視界も朧花吹雪          粕一
春  春の苺を摘んでは食べる            鈍八




« 1 ... 5 6 7 (8)
| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthOct 2021Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Today

検索

投稿数ランキング
1 mura 4239
2 tobiko 2306
3 sachiya 2181
4 nanoteku 1669
5 donpati 1471
6 gen 949
7 yae 728
8 uho 601
9 momokuri 544
10 yasuyasuko 491
11 kao 325
12 junko 289
13 harow 214
14 hitosio 91
15 yusa 69
16 jitukuri 48
17 jojo 47
18 taraku 34
19 hachifune 20
20 sousou 10
21 yuyu 8
22 yahow 8
23 seihati 7
24 raita 6
25 ikkaku 5
26 tanai 4
27 boke 3
28 hatuho 3
29 gokuraku 2
30 ehou 2
31 yuusui 2
32 rakusho 2

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.