SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選  
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   歌仙投句掲示板
     第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
Register To Post

| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
nanoteku
Posted on: 2012/4/20 16:33
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
釣竿を垂らして眠る昼下がり 何木偶

太公望。
mura
Posted on: 2012/4/20 19:14
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
何よりも素直自然が宝物   粕一

宝物。
mura
Posted on: 2012/4/20 19:16
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
第32巻「春の朝の巻」名残の裏3句目いただきましょう。おつぎは名残の裏4句目の投句を季は春の他か自でお願いします。



春  背伸びする掌赤し春の朝         花央
春   生長願い今朝も麦踏む         粕一
春  春雪に街行く人々ズッコケテ       鈍八
雑   のろのろ進む初心者マーク       鳶子
秋月 流れ星月出た空で進路変え       何木偶
秋   目の行く先は枯草の露          粕一



秋  床下のどぶろく啜り口すぼめ       鳶子
雑恋  三面鏡だけ知っている過去       鳶子
雑恋 気心も幼馴染で知れた仲         粕一
雑恋  焼肉デート締めはビビンバ       鳶子
雑  ぴょんぴょんと跳ねて応援サッカー場   粕一
雑   室内広場が憩いの場へと         鈍八
雑  荒波に揉まれるんだと旅に出る      鳶子
冬月  ツキも尽きたか寒夜に月なし       粕一
冬  春まぢか思えぬ厳冬風疼く         粕一
雑   新作出れば行列できる           鈍八
春花 花開き懐釣られ緩みだす          鳶子
春   土恋しくてプランター買う          鈍八



春  蝶々が菊菜の上で一休み           鳶子
雑   峠の茶屋の名物団子             鈍八
雑  成せばなる見よう見まねで渋い顔       粕一
雑   上野のパンダ眺めてニヤリ          鈍八
夏  夏草を歪んで映す金魚鉢            鳶子
夏   暑し暑しを節電追い打ち            粕一
雑  滅却をしきれぬ心頭苦が包囲          粕一
雑   悩むふりして時やり過ごす          鳶子
雑  デパ地下のタイムセールに人だかり      鈍八
秋   寝床求める鵯の群               鳶子
秋月 夜更け一人立待月に付き人す         粕一
秋   色なき風に心をあてる             鈍八



秋  露寒も野山の錦美しく             何木偶
秋   水澄む川に鈍色の鮭              鳶子
雑  何よりも素直自然が宝物             粕一



tobiko
Posted on: 2012/4/20 20:57
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 2306
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
草を摘み摘み子供等帰る 鳶子

草摘み 三春 なかなか帰って来ず。
donpati
Posted on: 2012/4/21 8:43
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
長閑な日々の仕合せ感じ 鈍八

長閑 三春 心の平安。
nanoteku
Posted on: 2012/4/21 18:47
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
木の芽田楽旬を頂く 何木偶

木の芽田楽 三春 自然の恵み。
mura
Posted on: 2012/4/21 19:20
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
第32巻「春の朝の巻」名残の裏4句目いただきましょう。おつぎは名残の裏5句目の投句を季は春の花、他か場でお願いします。



春  背伸びする掌赤し春の朝         花央
春   生長願い今朝も麦踏む         粕一
春  春雪に街行く人々ズッコケテ       鈍八
雑   のろのろ進む初心者マーク       鳶子
秋月 流れ星月出た空で進路変え       何木偶
秋   目の行く先は枯草の露          粕一



秋  床下のどぶろく啜り口すぼめ       鳶子
雑恋  三面鏡だけ知っている過去       鳶子
雑恋 気心も幼馴染で知れた仲         粕一
雑恋  焼肉デート締めはビビンバ       鳶子
雑  ぴょんぴょんと跳ねて応援サッカー場   粕一
雑   室内広場が憩いの場へと         鈍八
雑  荒波に揉まれるんだと旅に出る      鳶子
冬月  ツキも尽きたか寒夜に月なし       粕一
冬  春まぢか思えぬ厳冬風疼く         粕一
雑   新作出れば行列できる           鈍八
春花 花開き懐釣られ緩みだす          鳶子
春   土恋しくてプランター買う          鈍八



春  蝶々が菊菜の上で一休み           鳶子
雑   峠の茶屋の名物団子             鈍八
雑  成せばなる見よう見まねで渋い顔       粕一
雑   上野のパンダ眺めてニヤリ          鈍八
夏  夏草を歪んで映す金魚鉢            鳶子
夏   暑し暑しを節電追い打ち            粕一
雑  滅却をしきれぬ心頭苦が包囲          粕一
雑   悩むふりして時やり過ごす          鳶子
雑  デパ地下のタイムセールに人だかり      鈍八
秋   寝床求める鵯の群               鳶子
秋月 夜更け一人立待月に付き人す         粕一
秋   色なき風に心をあてる             鈍八



秋  露寒も野山の錦美しく             何木偶
秋   水澄む川に鈍色の鮭              鳶子
雑  何よりも素直自然が宝物             粕一
春   木の芽田楽旬を頂く             何木偶




donpati
Posted on: 2012/4/22 8:24
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
散り際の見せ場を作る花吹雪 鈍八

花吹雪 晩春 見せられて。
tobiko
Posted on: 2012/4/22 15:22
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 2306
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
雨降れど花見日和は変えられず 鳶子

花見 晩春 旬は短い。
nanoteku
Posted on: 2012/4/22 17:36
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
花盛りあっという間に並ぶ御座 何木偶

花盛り 晩春 お花見。
mura
Posted on: 2012/4/22 19:33
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
第32巻「春の朝の巻」名残の裏5句目いただきましょう。おつぎは名残の裏6句目、挙句の投句を季は春の他か場でお願いします。



春  背伸びする掌赤し春の朝         花央
春   生長願い今朝も麦踏む         粕一
春  春雪に街行く人々ズッコケテ       鈍八
雑   のろのろ進む初心者マーク       鳶子
秋月 流れ星月出た空で進路変え       何木偶
秋   目の行く先は枯草の露          粕一



秋  床下のどぶろく啜り口すぼめ       鳶子
雑恋  三面鏡だけ知っている過去       鳶子
雑恋 気心も幼馴染で知れた仲         粕一
雑恋  焼肉デート締めはビビンバ       鳶子
雑  ぴょんぴょんと跳ねて応援サッカー場   粕一
雑   室内広場が憩いの場へと         鈍八
雑  荒波に揉まれるんだと旅に出る      鳶子
冬月  ツキも尽きたか寒夜に月なし       粕一
冬  春まぢか思えぬ厳冬風疼く         粕一
雑   新作出れば行列できる           鈍八
春花 花開き懐釣られ緩みだす          鳶子
春   土恋しくてプランター買う          鈍八



春  蝶々が菊菜の上で一休み           鳶子
雑   峠の茶屋の名物団子             鈍八
雑  成せばなる見よう見まねで渋い顔       粕一
雑   上野のパンダ眺めてニヤリ          鈍八
夏  夏草を歪んで映す金魚鉢            鳶子
夏   暑し暑しを節電追い打ち            粕一
雑  滅却をしきれぬ心頭苦が包囲          粕一
雑   悩むふりして時やり過ごす          鳶子
雑  デパ地下のタイムセールに人だかり      鈍八
秋   寝床求める鵯の群               鳶子
秋月 夜更け一人立待月に付き人す         粕一
秋   色なき風に心をあてる             鈍八



秋  露寒も野山の錦美しく             何木偶
秋   水澄む川に鈍色の鮭              鳶子
雑  何よりも素直自然が宝物             粕一
春   木の芽田楽旬を頂く             何木偶
春花 散り際の見せ場を作る花吹雪          鈍八




donpati
Posted on: 2012/4/22 20:21
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1471
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
春大根が見事に並ぶ 鈍八

春大根 三春 立派。
tobiko
Posted on: 2012/4/23 18:41
長老
Joined: 2008/8/3
From:
Posts: 2306
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
春風に舞う紙の飛行機 鳶子

春風 三春 舞い上がる。
nanoteku
Posted on: 2012/4/26 0:30
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1669
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
若鮎泳ぐ行く春の川 何木偶

若鮎 行く春 晩春 変化。
mura
Posted on: 2012/4/26 18:43
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
海女かしましく海はきらめく  粕一

海女 晩春 海女の働く浜辺。
mura
Posted on: 2012/4/26 18:45
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 4239
Re: 第32巻「春の朝の巻」投句コーナー
第32巻「春の朝の巻」名残の裏6句目、挙句いただきましょう。完成です。協力ありがとうございます。



春  背伸びする掌赤し春の朝         花央
春   生長願い今朝も麦踏む         粕一
春  春雪に街行く人々ズッコケテ       鈍八
雑   のろのろ進む初心者マーク       鳶子
秋月 流れ星月出た空で進路変え       何木偶
秋   目の行く先は枯草の露          粕一



秋  床下のどぶろく啜り口すぼめ       鳶子
雑恋  三面鏡だけ知っている過去       鳶子
雑恋 気心も幼馴染で知れた仲         粕一
雑恋  焼肉デート締めはビビンバ       鳶子
雑  ぴょんぴょんと跳ねて応援サッカー場   粕一
雑   室内広場が憩いの場へと         鈍八
雑  荒波に揉まれるんだと旅に出る      鳶子
冬月  ツキも尽きたか寒夜に月なし       粕一
冬  春まぢか思えぬ厳冬風疼く         粕一
雑   新作出れば行列できる           鈍八
春花 花開き懐釣られ緩みだす          鳶子
春   土恋しくてプランター買う          鈍八



春  蝶々が菊菜の上で一休み           鳶子
雑   峠の茶屋の名物団子             鈍八
雑  成せばなる見よう見まねで渋い顔       粕一
雑   上野のパンダ眺めてニヤリ          鈍八
夏  夏草を歪んで映す金魚鉢            鳶子
夏   暑し暑しを節電追い打ち            粕一
雑  滅却をしきれぬ心頭苦が包囲          粕一
雑   悩むふりして時やり過ごす          鳶子
雑  デパ地下のタイムセールに人だかり      鈍八
秋   寝床求める鵯の群               鳶子
秋月 夜更け一人立待月に付き人す         粕一
秋   色なき風に心をあてる             鈍八



秋  露寒も野山の錦美しく             何木偶
秋   水澄む川に鈍色の鮭              鳶子
雑  何よりも素直自然が宝物             粕一
春   木の芽田楽旬を頂く             何木偶
春花 散り際の見せ場を作る花吹雪          鈍八
春   海女かしましく海はきらめく          粕一




« 1 ... 4 5 6 (7)
| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthOct 2021Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Today

検索

投稿数ランキング
1 mura 4239
2 tobiko 2306
3 sachiya 2181
4 nanoteku 1669
5 donpati 1471
6 gen 949
7 yae 728
8 uho 601
9 momokuri 544
10 yasuyasuko 491
11 kao 325
12 junko 289
13 harow 214
14 hitosio 91
15 yusa 69
16 jitukuri 48
17 jojo 47
18 taraku 34
19 hachifune 20
20 sousou 10
21 yuyu 8
22 yahow 8
23 seihati 7
24 raita 6
25 ikkaku 5
26 tanai 4
27 boke 3
28 hatuho 3
29 gokuraku 2
30 ehou 2
31 yuusui 2
32 rakusho 2

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.