SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選 全リスト 
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   歌仙投句掲示板
     第36巻「雪の朝の巻」コメントつき・選
Register To Post

スレッド表示 | 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
mura
Posted on: 2013/1/31 9:07
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2116
第36巻「雪の朝の巻」コメントつき・選


冬  葉牡丹の色艶やかな雪の朝     花央

   葉牡丹 三冬 雪 晩冬 いつもと違って見える。





mura
Posted on: 2013/4/28 19:29
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2116
Re: 第36巻「雪の朝の巻」コメントつき・選



冬  葉牡丹の色艶やかな雪の朝     花央

   葉牡丹 三冬 雪 晩冬 いつもと違って見える。

冬   白の世界で踊る冬の陽      鳶子

   冬 三冬 キラキラ輝る。

雑  一心に大志を胸にときめいて    粕一

   心が躍る。

雑   打ち振り鳴らす下駄の高音     鳶子
   蛮カラ学生のごとく。

春月 青麦と菫の丘に春の月        何木偶

   青麦、菫 三春 青春の一ページ。

春   畦に隠れた小鳥の卵         鳶子

   小鳥の卵 晩春 小さな希望。




春  春日永欠伸ひとつに留まらず      粕一

   春日永 三春 目覚めは定まらず。

雑恋  潤む瞳に揺れる天秤         花央

   惚れっぽい。

雑恋 昼下がりベンチに溢れる一途な目    粕一

   公園のベンチ。

雑   朝日に照らされ噴水光る        鈍八

   反射。

雑  目覚め良く元気溌剌身も軽い       粕一

   今日は快調。

雑   心も軽やかランニングハイ       粕一

   心地いい走り。

夏  夜の庭ぶんぶんぶんと蚊がちくり     粕一

   蚊 三夏 蚊がうるさい夜の庭。

夏月  睡蓮鉢に月はさざめく          鳶子

   睡蓮 晩夏 発生源。

雑  お茶会に招かれ独り稽古する        鳶子

   不慣れな誘いを受け。

雑   自惚れ僻み頭忙し             粕一

   頭、休む暇なし。

春花 花の雨狂い暴れる孕馬            粕一

   花の雨 孕馬 晩春 暴れる孕馬。 

春   水を湛えた青い苗代           何木偶

   苗代 晩春 成長楽しみ。




春  泥ん坊お玉杓子を追いたてて        鳶子

   お玉杓子 晩春 ピチピチと跳ねる。

春   雀蜂見て驚き逃げる            鈍八

   雀蜂 三春 危険。

雑  口の葉はままよままよと金縛り         粕一

   動けない。

雑   連日盛況漫談講演             鈍八

   笑いで心がほぐれる。

夏  風鈴揺れる木蔭の軒先            何木偶

   風鈴 三夏 涼しげ。

夏   鼻提灯に浴衣高いびき            粕一

   浴衣 三夏 平和な光景。

雑恋 いつもより声が上ずり挙動不審        何木偶

   緊張からぎこちなく。

雑恋  恋か動悸か胸締め付ける           鈍八

   ドキドキが止まらない。

雑  ジョグ仲間朝の公園すれ違う         粕一

   朝のジョギング仲間。

秋   色なき風が街通り抜け             鈍八

   色なき風 三秋 颯爽と。

秋月 耳も目もそわそわ待宵満ちぬ月        粕一

   待宵 仲秋 月 三秋 待つ身のつらさ。

秋   里芋持つ手頬もホクホク          鈍八

   里芋 三秋 食感を楽しむ。




雑  近道は泥田あぜ道草の中         何木偶

   コツがある。

雑   道草楽し下校の子供            粕一

   道草が楽しい小学生。

雑  目に映る色んなものが最先端        何木偶

   画面が変化する自販機など。

春   険路隘路にも春は香し          粕一

   春 三春 春はいずこにも。

春花 花の雨溜まる雫が色を吸い         鳶子

   花の雨 晩春 つぼみが開く。

春   茶摘女の唄畑彩る            粕一

   茶摘女 晩春 茶畑。











スレッド表示 | 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthMay 2017Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Today

検索

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.