SEARCH
ホーム |  最新ニュース |  フォーラム |  ダウンロード |  リンク集 |  ギャラリー |  お問い合わせ
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
サイトの英語自動翻訳

   

連句 コメントつき・選 全リスト 
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...

連句の会 連衆歌仙 綾鳶の会 Forum Index
   歌仙投句掲示板
     第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
Register To Post

| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Bottom
Poster Thread
momokuri
Posted on: 2008/1/6 16:19
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 544
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
春の雪降る街の静けさ 桃栗

春の雪(三春)朝目覚めたら春の雪が舞っていた。
nanoteku
Posted on: 2008/1/6 19:13
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1058
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
春光届く部屋の片隅 何木偶

春光(三春)春の日差しで起きた。
donpati
Posted on: 2008/1/7 7:18
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1041
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
春一番にくしゃみ鼻水

春一番(三春)が吹き、花粉症と共に、春の訪れを感じる
mura
Posted on: 2008/1/7 8:53
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2277
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
歌仙第3巻「姿美しの巻」、名残の裏4句目いただきましょう。おつぎは名残の裏5句目の投句お願いします。季は春、花、他か場でつくってみてください。


冬   雪吊りの姿美し北の国         桃栗
冬    年の夜に咲く笑みの嬉しさ      粕一
雑   背筋伸び素直正直が誇りにて     粕一
雑    太陽目指し育つ草木         何木偶
春月  手をつなぎ朧月夜を歌う道       桃栗
春    遠足嬉し寝付けぬ子ども       桃栗


春   花吹雪色とりどりのお弁当       何木偶
雑    今日が初日だぶらり一人旅      粕一
雑恋  行く先で人恋しくて饒舌に       何木偶
雑恋   二つの影が伸びる山道        何木偶
雑恋  まばゆくもまぶた懐かしかくれんぼ  粕一
夏    青大将にびっくり仰天         桃栗
秋   秋愁い赤も黄色も盛りすぎ       粕一
秋月   月見て団子山盛りにする       何木偶
秋   秋麗食えど食えども腹が鳴る      粕一
雑    大盛りばやり財布はスリム      粕一
春花  一芸にやんやの喝采花の宴      桃栗
春    謡ひとくさり長閑吹き飛ぶ       粕一


春   春風が通りのカフェで心地よく     桃栗
雑    ひらひらなびく旗と新聞        何木偶
雑   テンポよくジョガー行きかう皇居前   粕一
雑    あともう二分もぐり込む寝床      粕一
夏   寝転んで入道雲に見入る午後     桃栗
雑    階段の上古き山門           何木偶
雑   見渡せば地球をつつむ海と空      粕一
雑    丸い性格なごむあの人         桃栗
雑   伸び縮み自在な猫に遊ばれて      粕一
秋    風が横切る秋の夕暮れ        何木偶
秋月  縁台で月待つ夜はうまい酒       桃栗
秋    柿むく娘手つき危なく          桃栗


雑   茅葺の庭に池ある民家群        何木偶
雑    鯉にえさやり朝食を待つ        何木偶
雑   めずらしく今朝は早起き十時前     粕一
春    春一番にくしゃみ鼻水          鈍八
momokuri
Posted on: 2008/1/9 14:45
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 544
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
初花に笑顔ほころぶ北の国 桃栗

初花(仲春)雪に閉ざされた北の国、桜の開花は寒さでこわばった体を一気にほぐしてくれる。
mura
Posted on: 2008/1/10 9:07
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2277
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
歌仙第3巻「姿美しの巻」、名残の裏5句目いただきましょう。おつぎは名残の裏6句目、挙句の投句お願いします。他か場でつくってみてください。


冬   雪吊りの姿美し北の国         桃栗
冬    年の夜に咲く笑みの嬉しさ      粕一
雑   背筋伸び素直正直が誇りにて     粕一
雑    太陽目指し育つ草木         何木偶
春月  手をつなぎ朧月夜を歌う道       桃栗
春    遠足嬉し寝付けぬ子ども       桃栗


春   花吹雪色とりどりのお弁当       何木偶
雑    今日が初日だぶらり一人旅      粕一
雑恋  行く先で人恋しくて饒舌に       何木偶
雑恋   二つの影が伸びる山道        何木偶
雑恋  まばゆくもまぶた懐かしかくれんぼ  粕一
夏    青大将にびっくり仰天         桃栗
秋   秋愁い赤も黄色も盛りすぎ       粕一
秋月   月見て団子山盛りにする       何木偶
秋   秋麗食えど食えども腹が鳴る      粕一
雑    大盛りばやり財布はスリム      粕一
春花  一芸にやんやの喝采花の宴      桃栗
春    謡ひとくさり長閑吹き飛ぶ       粕一


春   春風が通りのカフェで心地よく     桃栗
雑    ひらひらなびく旗と新聞        何木偶
雑   テンポよくジョガー行きかう皇居前   粕一
雑    あともう二分もぐり込む寝床      粕一
夏   寝転んで入道雲に見入る午後     桃栗
雑    階段の上古き山門           何木偶
雑   見渡せば地球をつつむ海と空      粕一
雑    丸い性格なごむあの人         桃栗
雑   伸び縮み自在な猫に遊ばれて      粕一
秋    風が横切る秋の夕暮れ        何木偶
秋月  縁台で月待つ夜はうまい酒       桃栗
秋    柿むく娘手つき危なく          桃栗


雑   茅葺の庭に池ある民家群        何木偶
雑    鯉にえさやり朝食を待つ        何木偶
雑   めずらしく今朝は早起き十時前     粕一
春    春一番にくしゃみ鼻水          鈍八
春花  初花に笑顔ほころぶ北の国       桃栗
momokuri
Posted on: 2008/1/10 20:31
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 544
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
猫も伸びする春の縁側 桃栗

春(三春)温かな陽射しに猫ものびのび
nanoteku
Posted on: 2008/1/11 6:10
長老
Joined: 2007/8/3
From:
Posts: 1058
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
吹かれて飛ぶはたんぽぽの綿 何木偶

たんぽぽ(三春)たんぽぽの綿で遊ぶ様子。
donpati
Posted on: 2008/1/11 8:15
長老
Joined: 2007/8/2
From:
Posts: 1041
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
ぽかぽか陽気芽吹く草花 鈍八

春の気配に芽吹く(三春)植物達
mura
Posted on: 2008/1/11 9:33
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2277
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
来たぞ来たぞと春に小躍り    粕一

春 三春 北国の春の訪れは、歓びもひとしお
mura
Posted on: 2008/1/11 9:34
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2277
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
歌仙第3巻「姿美しの巻」、名残の裏6句目、挙句いただきましょう。

冬   雪吊りの姿美し北の国         桃栗
冬    年の夜に咲く笑みの嬉しさ      粕一
雑   背筋伸び素直正直が誇りにて     粕一
雑    太陽目指し育つ草木         何木偶
春月  手をつなぎ朧月夜を歌う道       桃栗
春    遠足嬉し寝付けぬ子ども       桃栗


春   花吹雪色とりどりのお弁当       何木偶
雑    今日が初日だぶらり一人旅      粕一
雑恋  行く先で人恋しくて饒舌に       何木偶
雑恋   二つの影が伸びる山道        何木偶
雑恋  まばゆくもまぶた懐かしかくれんぼ  粕一
夏    青大将にびっくり仰天         桃栗
秋   秋愁い赤も黄色も盛りすぎ       粕一
秋月   月見て団子山盛りにする       何木偶
秋   秋麗食えど食えども腹が鳴る      粕一
雑    大盛りばやり財布はスリム      粕一
春花  一芸にやんやの喝采花の宴      桃栗
春    謡ひとくさり長閑吹き飛ぶ       粕一


春   春風が通りのカフェで心地よく     桃栗
雑    ひらひらなびく旗と新聞        何木偶
雑   テンポよくジョガー行きかう皇居前   粕一
雑    あともう二分もぐり込む寝床      粕一
夏   寝転んで入道雲に見入る午後     桃栗
雑    階段の上古き山門           何木偶
雑   見渡せば地球をつつむ海と空      粕一
雑    丸い性格なごむあの人         桃栗
雑   伸び縮み自在な猫に遊ばれて      粕一
秋    風が横切る秋の夕暮れ        何木偶
秋月  縁台で月待つ夜はうまい酒       桃栗
秋    柿むく娘手つき危なく          桃栗


雑   茅葺の庭に池ある民家群        何木偶
雑    鯉にえさやり朝食を待つ        何木偶
雑   めずらしく今朝は早起き十時前     粕一
春    春一番にくしゃみ鼻水          鈍八
春花  初花に笑顔ほころぶ北の国       桃栗
春    来たぞ来たぞと春に小躍り       粕一
mura
Posted on: 2008/11/17 13:30
管理人
Joined: 2007/8/1
From:
Posts: 2277
Re: 第3巻 「姿美しの巻」 投句コーナー
第3巻「姿美しの巻」、みなさまの協力で無事巻き上がりました。今回も楽しい巻きになりました。ありがとうございます。
« 1 ... 5 6 7 (8)
| 新しいものから Previous Topic | Next Topic | Top

Register To Post
 
ミニカレンダー
Last MonthSep 2017Next Month
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Today

検索

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.