ようこそバッチフラワー協会へ!!
 バッチフラワー協会へようこそ !!  Welcome to Bach flower association!!    
サイトの英語翻訳

   

   バッチフラワーの段階的勉強法
メインメニュー
  


   ホーム

  バッチ博士紹介

  
バッチフラワー紹介

 
バッチフラワー協会使命


  
バッチフラワー体系図

  
バッチフラワー解釈

  
ペットのバッチ解釈

 バッチフラワーの
  段階的勉強法


  メンタルヘルス、
   タフネスを
     

 
バッチフラワー活用法

 
マイナスからプラスへ!

 
バッチフラワー
  おすすめ販売店リスト


  
バッチフラワーかるた
 

 



バッチフラワーとは


バッチフラワーとは、悩みや苦しみのほんとうの原因となっているマイナス感情を癒し少なくしていく効果のあるフラワーエッセンスです。

バッチフラワーは、エドワード・バッチ医学博士が開発した英国の製品です。すでに70年の実績があり、世界の多くの国で活用されております。バッチフラワーは、現在数多く存在しているフラワーエッセンスの草分けとなった製品です。

バッチフラワーは、38種類とレスキューレメディがあります。浅見政資は、バッチフラワーの38種類の名前をもちいて、人間、生き物がもち合せているすべてのマイナス感情をわかりやすく体系的に解き明かしました。

これらのバッチフラワーの解釈をもちいて、こころの悩みを研究すれば悩みのほんとうの原因となっているマイナス感情がどういう組み合わせであるかを解明することができます。

つまり、こころの悩み・苦しみのほんとうの原因とその解決の方法を見いだすことができるわけです。浅見政資はそういう研究をしております。

バッチフラワー協会(代表 浅見政資)は、人間がもち合せているマイナス感情とはどういうものであるかをバッチフラワーをとおして明らかにしていくこと、そしてバッチフラワーの正しい解釈・活用法の普及を主な目的として活動しております。


浅見政資プロフィール

1955年生まれ、東京大学工学部卒業.LSI半導体プロセス技術開発の業務などを経た後、96年より独立.人間の性格、感情、幸福論、健康になるための方法論について研究.

人間の感情をバッチフラワーの名前を用いて初めて体系的に解き明かす.

できるだけ多くの人たちがこころの悩みを解消でき、こころ安らかに暮せるように、さまざまな悩みの本当の原因を究明し、具体的な解決法の提示を行っている.

いわゆるマイナス感情とプラス感情の研究をしている.なぜか。これが、悩みの原因を根本から解決する一番の方法だから.これが、一生ものの運の良さを手に入れる一番の近道だからです.現在、バッチフラワー協会代表.

著書に『マイナス感情をプラス感情に変える』『バッチフラワーレメディの実践法』『口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」』『家訓づくりのすすめ』(共に東洋経済新報社)、『こんなふうに マイナス感情さようなら。』『困ったワンちゃんもこれならニコニコ』(共にエイチアンドアイ)などがある.



浅見政資著作の紹介

 

『マイナス感情をプラス感情に変える−バッチフラワーレメディの実践法』(東洋経済新報社)


 
 
『こんなふうに マイナス感情さようなら。−バッチフラワー入門』(エイチアンドアイ)



 
 
『困ったワンちゃんもこれならニコニコ−201匹ワンちゃんのバッチフラワー・ワールド』(エイチアンドアイ)


 

『口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」』(東洋経済新報社)


 

『家訓づくりのすすめ』(東洋経済新報社)



 

『いい人生をつくるバッチフラワー入門』(プラスone文庫EX インツール・システム)




 
    
バッチフラワーを勉強していくということは


バッチフラワーを勉強していくということは、人間のこころの動き・内面を観察し、理解し、どのマイナス感情からその人の言動・悩みが発しているかを洞察していくという行為を指しております。さらには、マイナス感情と人生とがいかなる関係、いかに密接に結びついているかまで深く踏み込んで理解をしていく、つまり人生そのものを勉強していく、自分でいい人生をつくっていくことまで含んでおります。

このことは、人間のこころの動きは複雑怪奇である、容易にわかるものではない、生まれついた性格など変えられないと思ったほうがいい、という世間の通り相場が示している通りまことに容易なことではありません。

非常にむずかしいがゆえになおさら、人生そのものをひも解いていくまことに重要なカギを握っているマイナス感情がどういう全体像をしているか、それぞれの意味がどういう構造をしているか、私(浅見政資)が初めてバッチフラワーの名前を用いて体系的に明らかにしてきましたが、それらを理解することがぜひとも必要になります。

私が発見し明らかにしたマイナス感情の体系とバッチフラワーの解釈を活用していただければ、だれもが自分で自分の性格を正確に診断することができるようになります。自分が自分の有能な心理カウンセラーになれます。 

いっきょに理解し、修得するのはむずかしいのにかわりはありません。そこで、より多くの方たちにバッチフラワーの良さを理解し、勉強、活用していただけるように、余分なお金と時間を無駄に使わなくても、自分でも無理なく効率的にできるバッチフラワーの段階的勉強法・活用法の概略をここで説明しておきます。



人間の勉強
人生の勉強
自分を知る
悩み解消法はある








38種類からなるバッチフラワーは、すべてのマイナス感情をあらわしています。マイナス感情は、姿勢が消極的なほうからより積極的な順に上の9つグループに体系的に分類できます。




■バッチフラワーを勉強していくということは、悩みの解消法を知るだけではありません。自分を知ること、人間そのもの、人生そのものを学んでいくということです。自分でいい人生をつくっていくということまで含まれております。

■私が発見し明らかにしたマイナス感情の体系とバッチフラワーの解釈を活用して、以下の段階的勉強法・活用法にそって勉強し、活用していただければ、マイナス感情が少なくなり、悩みが解消していくだけでなく、余分なお金と時間を無駄に使うことなく、だれもが自分で自分の性格を正確に診断することができるようになります。有能な心理カウンセラーにもなれます。 

どこまで勉強すればいいのか



どこまで勉強すればいいか、それはすべてあなた次第です。とりあえずいまかかえている悩みがある程度解消すればそれでいいのであれば、Step1で十分です。

マイナス感情の意味くらいは理解しておきたいな、そう思われるのであればStep2まで、もっと勉強して深く理解したいと思われるのであれば、Step3、Step4、Step5とおすすみください。

Step4、Step5までいくと、自分でカウンセリングができるようになれます。性格の診断ができる、心理カウンセラーもできるようになれます。ここで紹介する方法は、余分なお金を使うことなく、自分のペースで自分が望むところまで自分で勉強ができる方法です。





バッチフラワーの勉強法・段階的活用法 Step1



1.最初からバッチフラワーのすべてを理解しよう、理解したあとにバッチフラワーを活用し始めようという考えは捨ててしまいましょう。

2.いまの自分に必要なバッチフラワーをまずは飲み始めることから始めてみましょう。

3.『いい人生をつくるバッチフラワー入門』『こんなふうに マイナス感情さようなら。』『バッチフラワーレメディの実践法』の本のバッチフラワーの活用法の説明部分をまずは読んで理解しましょう。『いい人生をつくるバッチフラワー入門』『こんなふうに マイナス感情さようなら。』は入門編になっておりますので、これらの本をまずは先に読んでみてください。

4.『いい人生をつくるバッチフラワー入門』『こんなふうに マイナス感情さようなら。』『マイナス感情をプラス感情に変える』『困ったワンちゃんもこれならニコニコ』の中で、どういう場合にはどのバッチフラワーを飲めばいいか、たくさんの用例をのせております。それらを参考にしていまの自分に合っているバッチフラワーを見つけだし飲んでみるようにしましょう。

5.まずは飲んでみること、これだけで最初は十分です。私は、マイナス感情の意味を十分に理解し、マイナス感情を自分自身でも癒していくというバッチフラワーの究極的な活用法をみなさんに推奨しております。ただし、最初からそれを行う必要はまったくありません。自分が無理なくできるようになってから始めれば、それで十分です。

6.最初はバッチフラワーに頼り切りでも、それでまったくかまいません。精神的に楽になっていくことを第一優先に考えましょう。バッチフラワーが飲みにくいようでしたら、ためらわずにレスキューレメディもいっしょに飲むようにしましょう。

7.私は、すでに多くの用例を本の中で明らかにしております。さらに今後できるだけ多くのあらゆるテーマについて原因となっているマイナス感情が何であるかを本を通して随時発表していきます。最低でも400用例くらいは明らかにするつもりでいます。これらの用例を参考にしてもらえれば、いまの自分に合ったバッチフラワー選びはかなり簡単にできるはずです。


本を読んでいく優先順位


1
2
3


バッチフラワーの勉強法・段階的活用法 Step2


1.いま自分が飲んでいるマイナス感情の意味を本を読んで理解しましょう。

2.マイナス感情の意味は本『こんなふうに マイナス感情さようなら。』『バッチフラワーレメディの実践法』を参考にしてください。


本を読んでいく優先順位

1
2
3


バッチフラワーの勉強法・段階的活用法Step3


1.用例にしたがいいまの自分に必要なバッチフラワーを選び出し、そして飲み始めた以降の自分のこころの変化を見ていくようにしましょう。

2.自分のこころの動きを本『バッチフラワーレメディの実践法』『こんなふうに マイナス感情さようなら。』で解説してあるマイナス感情の説明とくらべながらマイナス感情の理解をだんだんと深めていくようにしましょう。

3.マイナス感情がざわつくときには、本『バッチフラワーレメディの実践法』『こんなふうに マイナス感情さようなら。』に説明してあるそのマイナス感情の対極にあるプラス感情を口に出してとなえるようにしましょう。

4..『口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」『家訓づくりのすすめ』を活用して、意識的にプラスの言葉を日常の中で多くつかうようにしていきましょう。




本を読んでいく優先順位


1
2
3


バッチフラワーの勉強法・段階的活用法Step4


1.バッチフラワーを飲んでいるときの自分のこころの動き・言動をより注意深く見つめるようにしていきましょう。

2.いまのマイナス感情が過去の自分のどういう体験と強く結びついていたかを思い出しながら、過去の嫌な体験をも癒し、そして洗い流していくようにしましょう。さらには嫌な経験ではあったが、原因となっていたマイナス感情ももうずいぶん少なくなってきた、もう二度とくり返さない、貴重な経験だったと思えるようにしていきましょう。

3.こころがマイナス感情でざわつくときには、無理やりその感情を抑えこもうとするのではなく、「私のマイナス感情は、以前と比べてずいぶん少なくなってきた。でも、私の中に、まだこんな感情が残っているんだ。良くなれる部分が、私の中にまだいっぱいあるんだ」と思いながら、そのマイナス感情の意味をしっかりと理解し、受けとめたうえで大変でも自分の中で流していくようにしましょう。

4.マイナス感情を他人にぶつけるのではなく、プラス感情を思い浮かべながら流せるようになると、マイナス感情の少なくなり方が非常に速くなります。

5.これができるようになるのは、悟りの状態といってもいいわけですから、できないからといって気落ちすることはまったくありません。自分のマイナス感情から逃げることなく向き合っているだけでも、とてもすばらしい行為です。それに取り組める自分をいっぱい自分でほめながら、長期戦のつもりで気長に取り組むようにしてみてください。いい人生がつくれます。

5.『口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」』『家訓づくりのすすめ』を積極的に活用して自然にプラスの言葉が活用できる自分になってしまいましょう。


本を読んでいく優先順位


1
2
3


バッチフラワーの勉強法・段階的活用法Step5
  
 
1.人間の行動のじつに多くは意識的、無意識的にかかわらずマイナス感情のとても大きな影響をうけています。本人は気がついていなくてもその人がいまもち合わせているマイナス感情通りの言動を日常の中で非常に多く繰り返しています。バッチフラワーの究極の勉強法は自分自身を見る、他人を見るにつきます。

2.まずは自分でバッチフラワーを飲んでみることでさまざまなマイナス感情がどういうものであるかをバッチフラワーレメディの実践法』『こんなふうに マイナス感情さようなら。』の本の解説を読みながら身をもって実体験し、感じ取り、よく理解することです。

3.『バッチフラワーレメディの実践法』『こんなふうに マイナス感情さようなら。』の本を何度もよく読んで38種類のマイナス感情の意味の違いを完全に理解するようにしましょう。

4.そのうえで、いまの自分の言動はどのマイナス感情から発しているのか、またあの人のいまのマイナス感情は何であるかを自分で考えてみるようにしましょう。

5.マイナス感情の質の重いほうから9番目までが、その人のいまの言動に大きく影響を与えているマイナス感情です。自分や他人の言動をよく見てどのマイナス感情かを考えてみましょう。9種類のうち、3種類か4種類を見つけ出せたら、まずは十分に合格のレベルです。

6.本にのっている用例をもちいて、パズルや練習問題のつもりで、どういう悩みのときにはどういうマイナス感情が原因になっているか考えてみるようにするのは、とても勉強になります。


7.バッチフラワーレメディの実践法』の第4章に人生とマイナス感情がいかに密接にかかわっているかを解説しています。マイナス感情を少なくしていくという行為は、まさに運命を変えていく、人生を大きく好転させていくということを意味しています。マイナス感情を少なくしていくことこそが、最高の開運、運勢を良くすることにつながります。人生とマイナス感情とのかかわりについてよく考えてみるようにしましょう。


本を読んでいく優先順位


1
2
3


心理カウンセラーになりたい人のために



カウンセラーになりたいという方もいらっしゃるでしょう。現在日本ではカウンセラーの国家資格は存在しません。ただし文部科学省などの省が認定している公的な資格は存在します。それに30万円程度の授業料を払えばあなたもカウンセラーになれますといううたい文句の民間資格は数多く存在します。しかし業界内では、文部科学省が認定している臨床心理士以外の資格をもっていても実質的にはほとんど意味をなさないというのが現状のようです。

臨床心理士の資格は、大学で教育学部、人間学部、人間関係学部、人間科学部などの学部で心理学または教育学を勉強し、その後臨床心理士の資格認定を受けている大学院に入学し卒業後、臨床心理士資格認定試験に合格する必要があります。

医師や弁護士は国家資格に合格しないとそれらの業務を行うことはできませんが、カウンセラーに国家資格が存在しないということは、能力の問題は別にすると、だれもがカウンセラーの業務を行う資格があるということでもあります。





心理カウンセラーになるための



優秀なカウンセラーになるための条件は、第一に資質、第二は経験と知識でしょう。資質とは、人のこころを見ていく能力に長けているか、それに他人の影響をどれだけ受けにくいかということになるでしょう。つまりマイナス感情がある程度少ないということが、重要な条件になります。

世の中のカウンセラーの方たちが苦労されている最大の原因のひとつが、こころの問題の本当の原因がわからないということではないでしょうか。本当の原因がわかっていないのであれば、こころの問題を解決するのが非常にむずかしいのは当然のことといえます。

私(浅見政資)はできるだけ多くのこころの問題の原因となっているマイナス感情が何であるかを本を通して明らかにしようとしておりますし、明らかにしてきています。それらの成果を活用し、Step1からStep5までを実践し、人の悩みの原因となっているマイナス感情が何であるかを洞察していただけるならば、間違いなく優秀なるカウンセラーへの第一歩を無駄な時間とお金をかけることなく踏み出すことができます。

私が発見し明らかにしたマイナス感情の体系とバッチフラワーの解釈を活用していただくことが、性格と悩みの原因を正確に診断できる優秀な心理カウンセラーになれる一番の近道になります。

なお臨床心理士になるのに必要な知識のうちで有用なものはあわせて勉強していただければ、知識と応用の幅はさらに広がるものと思います。