ようこそバッチフラワー協会へ!!
バッチフラワー協会へようこそ !!  Welcome to Bach flower association!!    
サイトの英語翻訳
    
バッチフラワーでメンタルヘルス、メンタルタフネスを
     メインメニュ
  


   ホーム

バッチ博士紹介

 
バッチフラワー紹介

 
バッチフラワー協会使命


 
バッチフラワー体系図

 
バッチフラワー解釈

 
ペットのバッチ 解釈

  バッチフラワーの
   段階的勉強法


 
メンタルヘルス、
   タフネスを


 
バッチフラワー活用法

 
マイナスからプラスへ!

 
バッチフラワー
  おすすめ販売店リスト


 
バッチフラワーかるた
 

 

バッチフラワーとは


バッチフラワーとは、悩みや苦しみのほんとうの原因となっているマイナス感情を癒し少なくしていく効果のあるフラワーエッセンスです。

バッチフラワーは、エドワード・バッチ医学博士が開発した英国の製品です。すでに70年の実績があり、世界の多くの国で活用されております。バッチフラワーは、現在数多く存在しているフラワーエッセンスの草分けとなった製品です。

バッチフラワーは、38種類とレスキューレメディがあります。浅見政資は、バッチフラワーの38種類の名前をもちいて、人間、生き物がもち合せているすべてのマイナス感情をわかりやすく体系的に解き明かしました。

これらのバッチフラワーの解釈をもちいて、こころの悩みを研究すれば悩みのほんとうの原因となっているマイナス感情がどういう組み合わせであるかを解明することができます。

つまり、こころの悩み・苦しみのほんとうの原因とその解決の方法を見いだすことができるわけです。浅見政資はそういう研究をしております。

バッチフラワー協会(代表 浅見政資)は、人間がもち合せているマイナス感情とはどういうものであるかをバッチフラワーをとおして明らかにしていくこと、そしてバッチフラワーの正しい解釈・活用法の普及を主な目的として活動しております。



浅見政資プロフィール


1955年生まれ、東京大学工学部卒業.LSI半導体プロセス技術開発の業務などを経た後、96年より独立.人間の性格、感情、幸福論、健康になるための方法論について研究.

人間の感情をバッチフラワーの名前を用いて初めて体系的に解き明かす.

できるだけ多くの人たちがこころの悩みを解消でき、こころ安らかに暮せるように、さまざまな悩みの本当の原因を究明し、具体的な解決法の提示を行っている.

いわゆるマイナス感情とプラス感情の研究をしている.なぜか。これが、悩みの原因を根本から解決する一番の方法だから.これが、一生ものの運の良さを手に入れる一番の近道だからです.現在、バッチフラワー協会代表.

著書に『マイナス感情をプラス感情に変える』『バッチフラワーレメディの実践法』『口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」』『家訓づくりのすすめ』(共に東洋経済新報社)、『こんなふうに マイナス感情さようなら。』『困ったワンちゃんもこれならニコニコ』(共にエイチアンドアイ)などがある

浅見政資著作の紹介

 

『マイナス感情をプラス感情に変える−バッチフラワーレメディの実践法』(東洋経済新報社)



 
 
『こんなふうに マイナス感情さようなら。−バッチフラワー入門』(エイチアンドアイ)



 
 
『困ったワンちゃんもこれならニコニコ−201匹ワンちゃんのバッチフラワー・ワールド』(エイチアンドアイ)


 

『口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」』(東洋経済新報社)



 

『家訓づくりのすすめ』(東洋経済新報社)


 

『いい人生をつくるバッチフラワー入門』(プラスone文庫EX インツール・システム)



 
メンタルヘルス、メンタルタフネスとは何か

最近はメンタルヘルスとかメンタルタフネスという言葉を耳にする機会が増えてきております。

とりわけメンタルヘルスという言葉はよく聞くようになってきました。メンタルヘルスに注目し、メンタルヘルスのケア、こころの健康管理に力をそそぐ企業も急速に増えてきています。


メンタルヘルスとは、こころの健康ということになるでしょうし、メンタルヘルスケアとは積極的にこころの健康を増進させていこうという試みになります。

メンタルタフネスとは、ストレスにどれだけ耐えられるかというストレス耐性といえます。メンタルタフネスは、仕事やスポーツなどで自分の能力を最大限に発揮して、最高の結果をえることができるためのこころの強さといってもいいでしょう。


メンタルヘルス、メンタルタフネスの背景

世界は、ますますグローバル化が進んでいます。インターネットの急速な技術革新と普及は、世界のグローバル化にいちだんと拍車をかけております。

グローバル化が進むと、国と国との垣根はいちだんと低くなってきます。つまり世界中が、国という垣根のない激しい競争社会の真っ只中に放り込まれてしまったのが現在の姿です。


世界中が競争相手。競争相手が飛躍的に増えてしまったわけです。社会や仕事の環境は、今後ますます厳しさを増すいっぽうでしょう。

仕事が厳しくなればストレスは増えていきます。ストレスは、健康を害する大敵。ストレスに強くないと、体を悪くするのは時間の問題。長期の病気は失業に直結しかねません。

調査結果からも、多くの企業でこころの病をうったえる社員が増えてきているという実態が明らかになってきております。


バブル崩壊以降、自殺者数は非常に高い水準のまま推移しております。死亡者数のおよそ30人にひとりが自殺者であるという異常な状況がつづいています。

これらが、メンタルヘルスとかメンタルタフネスとかという言葉がつかわれだしてきた背景でしょう。

ストレスが増えるいっぽうの今後の社会では、メンタルヘルス、メンタルタフネスに無関心でおれる人はだれもいないといっても決していいすぎにはならないほどです。

まさに、こころが強くなければ生きていけない、そういってもおかしくない時代に突入してしまっているのが、現在の姿かもしれません。

ストレスに強くなりたい。


それは、多くの人たちにとって切実な願いになりつつありま
す。


グローバル化がすすんだ厳しい競争社会では、仕事の能力が求められるだけでなく、ストレスに打ち勝つこころの健康、こころの強さ、メンタルヘルス、メンタルタフネスがますます重要になっていきます。

■ まさに、こころが強くなければ生きていけない、そういってもおかしくない時代に突入してしまっているのが、現在の姿かもしれません。 ストレスに強くなりたい。それは、多くの人たちにとって切実な願いになりつつあります。



メンタルタフネスが身についたときの状態とは

大一番の舞台で実力をいかんなく発揮できる人とそうでない人がいます。普通はあがってしまい、日ごろの実力の半分も発揮できない人が大半です。

しかし、一流の選手は、ものすごいプレッシャーのかかる試合でも集中力を発揮して超一流のプレーを演じます。一流の選手はプレッシャーに強いメンタルタフネスを身につけているわけです。

最高の舞台でも最高のプレーができる超一流の選手たちには特有の心理状態があります。


スポーツ心理学の第一人者であるジム・レーヤー博士は、多くの優れたスポーツ選手たちを調査し、彼らが最高のプレーができるときの心理状態の特徴をつぎの12にまとめております。

からだ(筋肉)はリラックスしている
落ち着いていて冷静
不安がない
自信に満ちている
注意力が鋭い
自己コントロールができている
集中している
エネルギッシュ
楽観的で前向き
とても楽しんでいる
無理に努力している感じがない
自然にプレーしている


これが、実力を最大限に発揮できるときの心理状態、つまりメンタルタフネスを身につけたときの状態といっていいでしょう。


メンタルヘルス、メンタルタフネスを低くしているものは

これらの12項目を見てもうお気づきになられたはずです。

強いメンタルタフネスの正体とは、マイナス感情の少ないこころの状態をさしております。

今後ともストレスと無縁の社会などありえません。であるならば、自分でストレスを実態以上にふくらませてしまい、大きなストレスとして感じてしまうことだけは絶対に避けたいものです。

では、ストレスを実態以上に増幅させている原因とは、何でしょうか。

それは、私たちがもち合せているマイナス感情です。

マイナス感情を強く多くもち合せていると、実態よりも強いストレスとして感じてしまうことになります。当然、メンタルヘルスもメンタルタフネスも低くなります。

びっくりすること、あわてふためく出来事に出合うことも当然あります。しかし、パニックになりやすいマイナス感情を強くもち合せていたとしたらどうでしょうか。

あわてふためく必要のない些細なことまでもひどく動揺し、パニックになってしまうでしょう。実際に外出するのがこわいと感じてしまう人たちもいらっしゃいます。

深刻に考えざるをえない、悩んでしまう出来事に出合うことも、これまた人生には当然あります。ところが、心配性のマイナス感情をもち合せていたらどうなるでしょう。

まったく心配する必要のないことまでもしじゅうくよくよ悩んでしまうことになります。

ひどく動揺し、しじゅうパニックになっていたらどうなるでしょう。くよくよ悩み心配ばかりしていたらどうなるでしょうか。

間違いなく病気になってしまいます。

病は気からと昔からいいます。この場合の気とは、マイナス感情のことです。

メンタルヘルス、メンタルタフネスを低くしている原因は、私たちがもち合せているマイナス感情にあります。


くよくよ悩んでしまう、心配性、イライラしやすい、短気で怒りっぽい、人に頼まれると断れない、いじめられやすい、からかわれやすい、自分を責めてしまう、人を責めてしまう、楽しくない、よく眠れない、自殺したくなる、動揺しやすい、あがりやすい、ストレスに弱い、人に会うのが怖い、人に会うのが負担、意欲がない、などなど、メンタルヘルス、メンタルタフネスを低くしているものはたくさんあります。

■ メンタルヘルス、メンタルタフネスを低くしている原因は、私たちがもち合せているマイナス感情にあります。


メンタルヘルス、メンタルタフネスを身につける究極の方法は

マイナス感情を多くもち合せていると、実態よりも強いストレスとして感じてしまうことになります。当然、メンタルヘルスもメンタルタフネスも低くなります。

逆にいうと、もち合せているマイナス感情を少なくしていければ、自然にストレスに強くなっていきますし、当然のこととしてメンタルヘルスもメンタルタフネスも高くなっていきます。

マイナス感情を少なくすることができれば、おのずと高いメンタルヘルスと強いメンタルタフネスを身につけることができます。

メンタルヘルス、メンタルタフネスを強くしていく最も本質的かつ究極の方法は、ストレスを増幅させる原因となっている、つまり自分のウィークポイントのマイナス感情がどの感情で、どういう性質のマイナス感情であるかをよく理解し、それらのマイナス感情を少なくしていくことです。

そのためには、マイナス感情を体系的に解明し、マイナス感情の意味をすべて正確に解き明かしておくことが、大前提といえるほどきわめて重要なことになります。

バッチフラワー協会(代表 浅見政資)では、バッチフラワーの名前をもちいてすべてのマイナス感情を体系的に解明し、マイナス感情の正確な意味と少なくしていく効果的な方法を明らかにしております。

多くのみなさまに活用していただけるように、メンタルヘルス、メンタルタフネスを弱くしている真の原因となっているマイナス感情がどういう組合せのマイナス感情であるかも、バッチフラワーの名前をもちいて正確に明らかにし、著作等をとおして公表していく活動もつづけております。

マイナス感情が少なくなると、自然と集中力が増してきます。

マイナス感情を理解し、少なくしていくことが、メンタルヘルス、メンタルタフネスを高める最も本質的かつ究極の方法、一番の近道であるのみならず、集中力を増し、自分の能力を最大限に引き出せる究極の能力開発法でもあることを理解していただければ幸いです。




マイナス感情、バッチフラワーの9つのグループ体系


38種類からなるバッチフラワーは、すべてのマイナス感情をあらわしています。38種類のマイナス感情は、姿勢が消極的なほうからより積極的な順に上の9つグループに体系的にきれいに分類できます。



多い マイナス感情 少ない
大きい ストレス 小さい
低い メンタルヘルス 高い
低い メンタルタフネス 高い


マイナス感情とストレス、メンタルヘルス、メンタルタフネスの関係      



メンタルヘルス・メンタルタフネスが向上
ストレスを感じなくなっていく
原因のマイナス感情を理解し、少なくする
どのマイナス感情が原因か?
ストレスを増幅させる原因はマイナス感情にある

メンタルヘルス、メンタルタフネスを強くしていく最も本質的な方法         



すべてのマイナス感情は38種類のバッチフラワーの名前をもちいて正確に分類、定義づけすることができます。バッチフラワーの名前をもちいてメンタルヘルス、メンタルタフネスを低くする原因となっているマイナス感情の例のごく一部をあげておきます。

 プレッシャーを感じ、あがりやすい         
「1、虚脱感」のバッチフラワーのエルム、「2、逃避」のバッチフラワーのスターオブベツレヘム、「6、恐れ・悩み」のバッチフラワ−のロックローズ

 仕事が重荷でしかたがない
「1、虚脱感」のバッチフラワーのホーンビーム、マスタード、エルム

 初めての仕事はとくにプレッシャーを感じてしまう
「1、虚脱感」のバッチフラワーのエルム、「5、自信がない」のバッチフラワーのラーチ


 仕事への気力がわいてこない
「1、虚脱感」のバッチフラワーのワイルド ローズ、ホーンビーム、マスタード

 楽しいことをしていても憂うつになってしまう
「1、虚脱感」のバッチフラワーのオリーブ、マスタード、「3、あきらめ」のバッチフラワーのスイート チェストナット

 仕事を頼まれると断れずに、かかえきれなくなってしまう
「「4、他人の影響を受けやすい」のバッチフラワーのセントーリー、「6、恐れ・悩み」のバッチフラワーのロックローズ、「8、ごまかし」のバッチフラワーのアグリモニー

 ガンになりやすいマイナス感情
「「6、恐れ・悩み」のバッチフラワーのホワイト チェストナット、ロック ローズのマイナス感情は共通的に強い。悪くなりやすい臓器とマイナス感情との相関は強い。


ここにあげたマイナス感情を理解し、少なくしていけば、上記に関するメンタルヘルス、メンタルタフネスは強くなっていきます。



これらの例は、本『 バッチフラワー・レメディの実践法』(浅見政資 東洋経済新報社)、『こんなふうに マイナス感情さようなら。− バッチフラワー入門』(浅見政資 エイチアンドアイ)より引用。


ますます厳しさをます高ストレス社会では、メンタルヘルス、メンタルタフネスを強くすることは、生きていくための必須の条件ともいえます。

 メンタルヘルス、メンタルタフネスを低くしている原因は、もち合せているマイナス感情にあります。

■  メンタルヘルス、メンタルタフネスを強くしていく最も本質的かつ究極の方法は、自分のウィークポイントとなっているマイナス感情がどの感情で、どういう性質のマイナス感情であるかをよく理解し、それらのマイナス感情を少なくしていくことです。

■  バッチフラワー協会(代表 浅見政資)では、バッチフラワーの名前をもちいてすべてのマイナス感情を体系的に解明し、マイナス感情の正確な意味と、マイナス感情を少なくしていく効果的な方法を明らかにしております。


  マイナス感情を理解し、少なくしていくと、メンタルヘルス、メンタルタフネスが強くなるだけでなく、自然と集中力が増してきます。自分の能力を最大限に引き出せる究極の能力開発法でもあります。