ようこそバッチフラワー協会へ!!
      バッチフラワー協会へようこそ !!  Welcome to Bach flower association!!
サイトの英語自動翻訳

    

  バッチフラワー協会の使命
     メインメニュー


 
      ホーム

   バッチ博士紹介

   
バッチフラワーレメディ紹介

   
バッチフラワー協会使命

   
バッチフラワー体系図

   
バッチフラワーレメディ解釈

   
ペットのバッチフラワー解釈

    バッチフラワーの勉強法・
     段階的活用法


  バッチフラワーでメンタルヘルス、
     メンタルタフネスを


   
バッチフラワーレメディ
       活用法


   
マイナスからプラスへ!

   
浅見政資著作紹介

   バッチフラワーレメディ
     おすすめ販売店リスト


   
バッチフラワーレメディ
     販売店申込み


   
バッチフラワーかるた
 

  バッチフラワー協会サイトマップ











































































































































































































   

  バッチフラワーレメディ     マイナス感情をプラス感情に変える



バッチフラワー協会(代表 浅見政資)の使命をここで紹介させていただく前に、花療法フラワーエッセンスの草分けでもあるバッチフラワーレメディとマイナス感情に関してもう少し説明を加えさせていただきます。




38種類のバッチフラワーレメディが意味しているもの



38種類のフラワーエッセンス、バッチフラワーレメディは、本当は一体何を意味しているのでしょうか?「苦しんでいるすべての生き物から、苦しみを取り除いてあげたい」「病気の原因となっている感情を何も傷つけない、より単純な治療法で癒したい」。この強い想いでバッチ博士が自然界を探し求め、何千キロにも及ぶ放浪の旅の末に自然界から発見し、完成させたのが38種類のバッチフラワーレメディです。


38種類のバッチフラワーレメディが指し示しているものは一体何でしょうか?バッチ博士も理解していた通り、バッチフラワーレメディは、病気や苦しみの本当の原因となっているマイナス感情だけを意味しています。


釈迦は、「人生は苦しみである」と喝破しました。どうして、人生が苦しくなるのか。苦しくなる原因があるから苦しくなる。その原因を取り除けば、苦しくなくなる。その原因とは、煩悩。つまり、私たちが持っているマイナス感情です。マイナス感情を取り除くことができれば、人生は苦しくなくなる。


人生の苦しみ・悩みの原因となっているマイナス感情を癒し、取り除いてくれるために、そして、プラス感情いっぱいの豊かな人生を私たちみんなが送れるようになるために、38種類のバッチフラワーレメディはあります。「バッチフラワーレメディは、人間の魂の本質的なものをすべて満たしており、これだけで完全である」「38種類のバッチフラワーレメディは、1つも欠けることなく、1つも余分なものはない」。このようにも、バッチ博士は述べています。


38種類ですべてのマイナス感情をオーバーラップすることなく、それぞれのバッチフラワーが分担しながら、ある種のマイナス感情を指し示している。そして、38種類のバッチフラワーレメディで、すべての種類のマイナス感情を網羅している。これは、バッチフラワーレメディの発見者たるエドワード・バッチ博士の38種類のフラワーエッセンス、バッチフラワーレメディに対する強い確信でした。また、私の強い確信でもありました。




バッチ博士がバッチフラワーの解釈を間違った理由



バッチ博士は、38種類のフラワーエッセンス、バッチフラワーレメディを発見し終わった翌年に亡くなっています。博士は、発見時に自分の体で身をもって体験したマイナス感情と、彼の患者の感情を観察することで、そのバッチフラワーレメディが意味しているマイナス感情を探り当てようとしました。


バッチ博士は、それぞれのバッチフラワーレメディが本当に意味している一部分を確かに見つけ出していました。しかし、バッチ博士は、それぞれのマイナス感情そのものと、それらの関連性を充分に考察する時間的な余裕がなかったために、バッチフラワーレメディの解釈上の大きな間違いをしてしまいました。


例えば、バッチフラワーレメディがマイナス感情だけを意味していると理解していたにもかかわらず、バッチフラワーレメディの意味づけに、プラス感情を意味する解釈をつけ加えたり、才能や能力と関連づける解釈をしたりしています。また、意味を拡大解釈する際にも、常識的な解釈をつけ加えることで、かえって誤解を大きくしてしまっています。そのために、解釈の一部分を確かに見つけ出していたにもかかわらず、本質的なバッチフラワーレメディの意味を捉えるのに失敗しています。


バッチフラワーレメディが意味しているマイナス感情と、才能や能力とは、直接的には何の関係もありません。つまり、能力があるとか、ないとかと、マイナス感情の種類や強弱とは、何ら関係ありません。両者を安易に結びつけると、バッチフラワーレメディの本当の意味を正しく理解できなくなります。
 

フラワーエッセンス、バッチフラワーレメディの意味を正しく解釈するためには、一見プラス感情に思える感情も、その動機として潜んでいるマイナス感情を正確に洞察する必要があります。常識的な判断で安易に判断することなく、その感情の根底と背後にある意識までさかのぼって、その意味を一つ一つ丁寧に考察していく必要があります。言葉を厳密に使い分けながら、すべてのマイナス感情を一つもオーバーラップすることなく、38種類にきれいに定義し、分類していく必要があります。




いままでのバッチフラワーの解釈の間違いの例



バッチ博士の死以降の60数年間のバッチフラワーレメディの解釈も、基本的にはバッチ博士の解釈の域を出ていませんでした。派生的な意味をつけ加えるにとどまり、同じ過ちを踏襲してきたにすぎません。


バッチフラワーレメディの間違った解釈の例として、いくつかあげておきます。最も著しく誤解されてきた例として、真っ先に15ホリーをあげる必要があるでしょう。嫉妬、猜疑心,復讐心、いまいましさ、などと解釈されてきました。ホリーの本質的な意味を一言でいい表すならば、「いまいましさ」でしょう。では、「いまいましさ」と「嫉妬」というマイナス感情は同じ種類でしょうか?


「いまいましさ」は、他人だけでなく自分の言動に対しても湧きあがってくる感情です。ところが、「嫉妬」は、他人の言動に対してだけに湧きあがってくる感情です。明らかに違う種類の感情です。ホリーは、英語の意味「聖なる」に惑わされ、人間が持っている感情の中でも最も激しいそして醜い感情を癒してくれるものと誤解されてきました。従来のホリーの解釈は、そのほとんどが38ウィローにされるべき解釈です。


38ウィローは、恨み、自己憐憫、内側にこもる感情、などと解釈されてきました。ウィローは、外に向かう激しい感情、ねたみ、恨み、嫉妬、復讐心などを意味しています。これらの感情と自己憐憫の感情も違う種類の感情であることは、すぐにお分かりいただけるでしょう。ちなみに、自己憐憫の感情は、8チコリーです。


例をあげ出すときりがありませんが、もう1つ例をあげておきます。34ウォーターバイオレットは、プライドが高いために人と距離をおく、などと解釈されています。ウォーターバイオレットの本質的な意味は、周りの人たちと打ち解けたいが、実際には打ち解けられずに淋しい気持ちになっているという感情です。いわゆる疎外感の感情です。人と距離をおくのは、プライドが高いためではありません。打ち解けたいにもかかわらず、打ち解けられずにいる自分の感情を他人に気づかれたくないためです。


従来のバッチフラワーの解釈にはニュアンスの違いまで含めると、非常に多くのレメディが誤解されてきました。癒したいマイナス感情を少なくしていくために、違うバッチフラワーレメディを飲んでも効果がないのはもうお分かりいただけるでしょう。正しい解釈に従って必要なバッチフラワーを選び飲んでいくならば、そのマイナス感情を確実に少なくしていくことができます。生きていくのが楽になる性格に少しずつ変えていくことができます。フラワーエッセンス、バッチフラワーレメディには、間違いなくその素晴らしい力があります。





『マイナス感情をプラス感情に変える』という本



フラワーエッセンス、バッチフラワーレメディの素晴らしさを活用する最大のポイントは、正しい解釈を見つけ出せるかです。バッチフラワーレメディの正しい解釈と理想的な活用法を探し出せるかどうかに、すべてはかかっています。これらを世界で初めて体系的に明らかにした本が、『マイナス感情をプラス感情に変える‐バッチフラワーレメディの実践法』という本です。(浅見政資 東洋経済新報社)この本は、バッチ博士がこころから望み、やりとげたかったにもかかわらず、志なかばでやりとげられなかった内容を形にした本です。


誰もが持っているマイナス感情のすべてを分かりやすく体系化するのに、バッチフラワーレメディの名前を用いる必要は必ずしもありません。別の名前を用いてもかまいません。しかし、バッチ博士の真心こもる熱意と素晴らしい花療法バッチフラワーレメディの発見の功績にこころから敬意を表し、バッチフラワーの名前をすべてのマイナス感情を体系化するのに、この本では使わさせていただいています。


この本は、フラワーエッセンス、バッチフラワーレメディを効果的に活用する上でも、自分自身で感情を癒していく上でも、非常に役に立つ本になっています。もっと傷つかずに生きていけるようになるための本。もっと楽に楽しく生きていけるようになるための本。本当の自分を知るための本。もっと自分を好きになれるようになるための本。もっと他人を好きになれるようになるための本。そして、自分の能力を楽しく活かしながら充実した人生を送るための本です。





バッチ博士の本当の功績



バッチ博士は、花療法バッチフラワーレメディの解釈として38種類の短い文章を残しています。それらの文章を読んでいると、「バッチ博士は、本当に良い人だな」とつくづく感じます。しかし、解釈上の多くの誤解をしてしまった。このことは、バッチフラワーレメディの素晴らしい効能を充分に活用する上で、重大な欠陥となっています。バッチフラワーレメディそのものが素晴らしいだけになおさらです。


しかし、このことが、バッチ博士の功績の価値をいささかも否定するものではないことを、ここで強調しておきます。博士の最大の功績は、1つも欠けることなく、1つも余分なもののない、完全で完結している38種類のバッチフラワーレメディを発見したことにあります。そして、フラワーエッセンス、バッチフラワーレメディの効能の一部を発見したことにあるからです。さらには、これらの38種類は、私たちの魂の本質的なものすべてを満たしており、これだけで完全である、と強く確信したことにこそバッチ博士の本当の功績があります。





性格の定義と、マイナス感情、プラス感情



ここで、私たちみんなが持っているマイナス感情とプラス感情について、少し説明をしておきます。私たちが持っているすべての感情をマイナス感情とプラス感情の2種類に分けることにします。そして、次のように定義してみることにします。


マイナス感情: 不安や悩みなどの私たちに不幸せを感じさせ、病気の原因にもなっている感情

プラス感情  : 幸せや生きがいを感じる楽しい人生へと私たちを導いてくれる感情

では、多くの人たちが変えるのは無理だと思っている私たちの性格の定義は、どうなるでしょうか。


学術的な定義はつぎのようなものでしょう。

性格の学術的な定義:ある刺激や環境に対して、その人がしめす行動のもととなるその人特有の行動様式あるいは心理傾向。


それに対して、私(浅見政資)は、性格をつぎのように定義しております。

性格の定義  : ある刺激や環境に対して、行動を起こすもととなっているすべての人が持ち合わせている「プラス感情」と、そのプラス感情を出にくくしているその人が現在持ち合わせている「マイナス感情」が反映したその人特有の反応


つまり、変えるのが無理だと思われがちな私たちの性格は、「マイナス感情」を少なくしていく確かな方法さえあるならば、確実により良い性格に、生きていくのが楽な性格に変えていくことができるということです。そのために、38種類のバッチフラワーレメディはあります。正しい解釈のもとにバッチフラワーレメディを用いるならば、すべての人が少しずつ性格を変えていくことが出来ます。確実に苦しみの種を少なくしていくことができます。

      

「マイナス感情」「プラス感情」の用語について説明を加えておきます。それぞれを英語で表現した場合は、negative state of mind , possitive state of mind 等の表現がより適切となります。ただし、日本語の場合には、「ネガティブ感情」、「ポジティブ感情」という用語を使うよりも、それぞれの語調と日本語にしたときのニュアンスが「マイナス感情」と「プラス感情」の用語を使ったほうがよりぴったりくるので、あえてこれらの用語を使わさせていただくことにしました。


バッチ博士の「バッチ」も英語のつづりはBachで、「バック」のほうが英語の発音としてはより近くなります。ただし、慣用的にすでに日本ではバッチの発音が流通していますので、このホームページ上でも「バッチ」を用いさせていただきます。





マイナス感情の体系化の意味



では、私たちすべての人が持っているマイナス感情のすべてをきれいに体系化できたら、どういう良いことがあるのでしょうか。私たちは、ついつい自分のマイナス感情を嫌いがちです。そんな感情を持っている自分を嫌悪してしまいがちです。どうして自分だけがこんな厄介な感情を持っているのだろう、と思い悩んだりもするでしょう。


例えば、26ロック ローズを生まれながらに強く持っている人は、ほんの些細な出来事で気も動転し、自分ではどうすることもできないパニック状態に陥ってしまいます。21マスタードを生まれながらに強く持っている人は、かりに楽しいことをしていても急にどうしようもなく憂うつな気分に襲われてしまいます。


どうして、こうなってしまうのか、自分ではまったく理解不可能でしょう。確かな解決法もないとしたら、一生自分にまといつき悩まされ続けることになるでしょう。外出するのも、ままならないでしょう。


これらのマイナス感情は、26ロック ローズという感情ですよ、21マスタードという感情ですよ、と分かったとしたら。あなただけが持っている感情ではありませんよ。マイナス感情の体系のここに属するこういう感情ですよ。解決法は、こうですよ。そう分かったとしたら、どうでしょうか?そして、自分の望む範囲で少しずつ良くなっていけたとしたら。いままでとはまるっきり違う人生になっていくのではないでしょうか。


自分を知り、他人を知ることは哲学の根本。そして、豊かな人間関係を築いていく上でも重要な意味を持っています。しかし、むずかしい。ところが、マイナス感情の体系がはっきりとしていたら、どうでしょうか。理解するのが容易になっていくのではないでしょうか。より豊かな人生になっていくのではないでしょうか。


多い少ないを別にすれば、すべての人が、マイナス感情を持ち合わせています。ないものは出てきようがありません。そう考えると、一時的な感情などないことが良くお分かりになるでしょう。単にそう見えるだけです。


すべての人たちが持っているマイナス感情をみんなが恥ずかしがらずにもっとオープンに、そしてもっと気軽に話し合えたら、それだけでもだいぶん楽になれるのではないでしょうか。そんなときにも、大いに役に立つのが、分かりやすいマイナス感情の体系でしょう。ちなみに、動物も人間とまるっきり同じ種類のマイナス感情を持っていますので、この体系は動物用にも利用できます。

 


もっと楽な性格になれたら!もっと自分を好きになれたら!



私たちみんなが持っているマイナス感情は、嫌う必要がまったくありません。私たちに対する罪でもありません。自分をもっと好きになるためにあります。嫌う必要などまったくありません。


自分のできる範囲で少しずつ少なくしていけば良い。これらのことが理解できたとしたら、どうでしょうか?毎日の生活の中で自分のできる範囲で苦しみの原因、マイナス感情を少なくしていくことができたら。苦しみの種が尽きないように思える人生も、少しずつ違って見えてくるようになるのではないでしょうか。


もっと楽にそして楽しく生きていける性格に少しずつ変わっていくでしょう。もっと自分を、そして他人を優しく理解できるようにもなっていくでしょう。もっと自分を、そして他人を好きになれるようにもなっていくでしょう。そうしたら、もっと密度の濃いプラス感情いっぱいの、良いものに感動できる素晴らしい縁にもめぐり合えるステキな時間が増えていくのでは!!


そんな願いのもと、少しでもお役に立てればという強い想いで書いた本が、『マイナス感情をプラス感情に変える‐バッチフラワーレメディの実践法』(浅見政資 東洋経済新報社)です。このホームページ中で用いているマイナス感情の体系図、それぞれのバッチフラワーレメディの要約文など、すべてこの本から抜粋しています。もっと詳しく知りたい方は、この本をぜひ読んでいただけたら幸いです。




良薬は口に苦し



そうはいっても、自分のマイナス感情を見ていく行為は、誰しもあまり心地よいものではないでしょう。できることなら、見たくない。逃げたい。そう思う人が多くて当然でしょう。自分のマイナス感情を見ていく行為は、ほろ苦いを通り越して、顔もゆがむほどの苦さと思えてしまうかもしれません。


良薬は口に苦し、といいます。一時的に苦く思えても、人生の素晴らしさを実感できるようになれるのと、逃げようと思っても一生苦しみの種、私たちが嫌ってしまいがちなマイナス感情に追いまわされ、おびえ、悩まされ、翻弄され続けるのと、どちらが良いでしょうか?やはり、前者ではないでしょうか。


マイナス感情の体系とその意味を活用しながら、口に苦いと思えても、無理なくできる範囲で自分自身で苦しみの原因であるマイナス感情を日々の生活を通して癒し少なくしていきましょう。これを行うのがつらくて悲しくてどうしようもないと思える人、もっと積極的にもっと効率的にマイナス感情を少なくしていきたいと思う人は、バッチフラワーレメディを正しい解釈法を用いて積極的に活用してみましょう。大きな手助けになることでしょう。


ごまかしでない本当のこころの平安を感じられる幸せ、素晴らしい縁にめぐり合えた幸運に感謝できる幸せ。そんな幸せを手に入れる方法にめぐり合えた幸運を活かすか。見逃すか。まずは、自分のできる範囲、無理のない範囲で少しずつ始められるのが一番の方法です。





バッチフラワー協会の使命



バッチ博士が発見したフラワーエッセンスの花療法バッチフラワーレメディは、私たちの苦しみを少なくする大きな手助けとなる本当に素晴らしい効能を持っています。この素晴らしさをみんなが手軽に活用できるように、できるだけ正確な解釈と活用法をホームページ、本等を通して継続的かつ地道に提供していくこと。これが、バッチフラワー協会の使命だと考えています。そして、私が発見したマイナス感情の体系の意味を通して、ひとりでも多くの人たちが自分を嫌うことなく豊かな人生を送れるよう、そのお役に少しでも立てたならと考えています。


複雑怪奇に思える私たちの感情も、実はすっきりとした単純な形であったことが理解できれば、バッチ博士の最も好きな言葉であった「調べれば調べるほど、自然界のすべての創造が単純であることに気づくでしょう」という言葉を頭に思い浮かべることができるならば、複雑そして多難に思えてしまう私たちの人生も、実はまっすぐな目で眺めるならば、単純な素晴らしいその人なりの道が必ず用意されていることにも気がつかれることでしょう。その自分探しの旅の羅針盤のお役に立てるならと考えています。


世の中を眺めてみると、学校では学級崩壊、いじめ、暴力事件など、家庭でも家庭内暴力、幼児虐待、ひきこもりなど、いたるところにかなしくなる出来事が発生しています。事件まではいたらなくても、家庭内、学校、そして職場などでの人間関係の悩みは尽きないでしょう。さまざまな病気にかかっている人たちもいます。何ら解決法が見出せないと思えてしまうものばかりが目についてしまうでしょう。
 

そんな場合に、マイナス感情の体系を活用していただければ、さらにはバッチフラワーレメディをも活用してみられれば、解決のために地道に活動されている人たちにとって、確かな光明となることでしょう。


マイナス感情の体系をひとりでも多くの人がそれぞれの専門の立場で活用していただけたなら、そしてバッチフラワーレメディの活用法とともに多くの人の知恵を結集してさらに一層素晴らしい応用法を見つけ出していけたなら、そんな活動のお役に立てるなら、と考えています。


そして、花療法バッチフラワーレメディの正しい理解を通して、ひとりでも多くの人たちが私たちみんなが持っているマイナス感情をもっとオープンに気軽に話し合えたなら、もっと自分を、そして他人を理解できるようになれたなら、もっともっと自分を、そして他人を好きになれたなら、もっと満足できる人生をひとりでも多くの人たちが送れるようになれたなら、そして、みんなのマイナス感情が少なくなっていく手助けの輪を広げていけたなら。


そんな手助けに少しでもなれることがバッチフラワー協会のこころからの願いです。そして、それが「苦しんでいるすべての生き物から、苦しみを取り除いてあげたい」というバッチ博士の強い願いの実現に少しでも近づく道だと信じています。バッチ博士の素晴らしい熱意に感謝の念と敬意を表し、バッチフラワー協会と命名させていただき、地道に活動していく所存です。





                 
                                                バッチフラワー協会 
                                             わが家に家訓を!運動の会
                                                 代表 浅見 政資





浅見政資プロフィール


1955年生まれ。東京大学工学部卒業。LSI半導体プロセス技術開発等の業務を経た後、96年より独立。人間の性格、感情、幸福論、そして健康になるための方法論について研究。人間の感情をバッチフラワーの名を用いて体系化、感情・性格の謎を明らかにする。さらにはこころの悩みの原因を究明、その具体的な解決法を提示している。現在、「バッチフラワー協会」代表。